トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

VMWare ESXi 4.1 でゲストCPUコア数を変更するの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1007/23/news109_3.html

!!!説明
ESX/ESXi 4.1 からゲストマシンのCPU毎のコア数を変更できるようになった。
ただ、設定項目として普通に見える形にはなっていない。
ESX5.1 からは設定項目として設定できるようになっている。
4.1でコア数を変更するには2つの方法がある。

!!!vSphere Client を使う方法
+設定対象のゲストマシンのプロパティを開く
+オプションタブの全般にある「構成パラメータ」を選択
+行の追加で、「cpuid.coresPerSocket」を追加する
+cpuid.coresPerSocket の設定値として、CPU毎のコア数を入力する
++例:4
+ハードウェアタブのCPUの「仮想プロセッサ」を全CPUのコア数の合計値を設定する

!!!vmx を書き換える方法
!関係する設定値
:numvcpus:全CPUのコア数の合計値。vSphre ClientのハードウェアタブのCPUにある「仮想プロセッサ」の値。
:cpuid.coresPerSocket:1CPUのコア数
もし、1CPUで4コアにしたいときは
 numvcpus=4
 cpuid.coresPerSocket=4
にする。


!!!設定値例
,想定する設定,仮想プロセッサの値(numvpus),cpuid.coresPerSocketの値
,1CPU X 4コア,4,4
,2CPU X 2コア,4,2
,1CPU X 8コア,8,8
,2CPU X 4コア,8,4


{{category2 仮想化}}