トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

VMWare ESXi 5.1 vmdkを縮小するの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
ESXi 5.1 以前は、シン・プロビジョニングのvmdkをvmware tools で圧縮(shrink)ができた。
5.1からはできなくなってしまった。

手動でやる方法。
http://www.insomnihack.com/?p=387

!!!ゲストマシンがLinux
!!未使用領域をゼロクリアする
!ゲストマシンでの作業
 dd if=/dev/zero of=/zero bs=20971520
 sync
 rm /zero
ddコマンドで対象のディスクのマウントポイント内に対して、ディスクがいっぱいになるまでゼロを書く。
ディスクがいっぱいになったら、作成したファイルを削除する。
これで、未使用領域にゼロが書き込まれる。
 of=/zero
 rm /zero
の「/zero」はゼロクリアしたい仮想ディスクがマウントされているパスを指定する


この状態で、ホストマシンから
 vmkfstools -d monosparse -i hoge.vmdk back.vmdk
を実行するとゼロクリアされた領域はコピーされない。
バックアップサイズを小さくしたいだけなら、この作業だけで良い。

!!ゼロクリアした領域を削除して、vmdkを小さくする
!ホストマシンでの作業
ゼロクリアを実施したvmdkに対して
 vmkfstools -K hoge.vmdk
を実行する。するとvmdkのゼロクリアした領域を削除する。
ただし、 ls で見ても容量は変わっていない。
 du
で確認すると容量が減っている。


!!!ゲストマシンがWindows
知らない・・・。
そのうち必要になったら書く。

{{category2 仮想化}}