トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Webdav

サーバ

 設定

基本的にhttpdのconfに

DAV On

を付けるだけ。

 設定サンプル

 <Directory "/home/*/public_html">
  Dav On
   # NTLMAuth on
   #AuthType NTLM
   #AuthName "IBIS Authentication"
   #NTLMAuthHelper "/usr/bin/ntlm_auth --helper-protocol=squid-2.5-ntlmssp"
   #NTLMBasicAuthoritative on
   #require valid-user
 
   AllowOverride None
   Options None
   DirectoryIndex
   #ForceType text/plain
   #AddType application/x-httpd-php-source .php
   #SetHandler None
   #RemoveType .php
 
   Order allow,deny
   allow from all
   Require all granted
 </Directory>

 PHPが動作してしまう場合

webdavでPHPファイルを開こうとすると、PHPの実行結果を返そうとする。
基本的にwebサービスなので、PHPの動作や.htaccessを無効化する必要がある。

個人的には、webサーバとwebdavはhttpdを分けたほうが良いような気がする。
一台のマシンで複数のhttpdサーバを立てる


クライアント

WebClientサービス

が必要。基本的に標準でインストールされている。
サーバOSの場合は、デスクトップエクスペリエンスが必要。

 Windows ServerでWebdavクライアントをインストールする

機能の追加でデスクトップエクスペリエンスをインストールする。

機能 -> ユーザインターフェイスとインフラストラクチャ -> デスクトップエクスペリエンス

を選択する。

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2017年06月29日 22時58分40秒