トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

WindowsでXサーバを立てる


Xmingを使う

http://d.hatena.ne.jp/metalglue/20080319/1241544847
フォントが小さいときは
[Additional parameters for Xming] にて [-dpi 100] を設定する

scim で日本語入力

Xの画面を他のXサーバーに表示するを参照



VcXsrv Windows X Server を使う

http://sourceforge.net/projects/vcxsrv/
Xmingと使い方はほとんど同じ。
Xmingより完成度は良いような気がする。

ディスプレイ番号を localhost:0.0 以外にするときは

disable access control

をチェックする。

MobaXterm を使う

http://mobaxterm.mobatek.net/
termとXサーバとかファイルマネージャが一緒になったもの。
ポータブル版がオススメ。



Cygwin を使う

setup.exe で X関係をインストールする。
日本語化とか日本語入力とか、まだまだ面倒なのであまりオススメしない。

Portable Ubuntu を使う

Xming & ローカルにUbuntu を起動する。
何かと使いやすいので便利。重いので注意。


[カテゴリ: OS > Windows]


  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2016年09月29日 23時23分36秒