トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Windowsアプリケーションのメモリ使用制限の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/special/whatiswin2k_rev1/server4.html

Windows 2000 Serverの上位製品として、スケーラビリティや可用性(アベイラビリティ)に優れた、Windows 2000 Advanced Serverが用意されている。Advanced Serverでは、最大ユーザーメモリ空間/物理メモリサイズの拡大、SMPのサポートCPU数の強化や、クラスタリング機能などが追加されている。
,,Windows 2000 Server,Advanced Server
,最大SMP CPU数,4CPU,8CPU
,最大ユーザーメモリ空間,2Gbytes,3Gbytes
,最大物理メモリサイズ,4Gbytes,8Gbytes
,AWE API,○,○
,PAE X86,×,○
,クラスタリング,×,○
Windows 2000 ServerとAdvanced Server

 最大ユーザーメモリ空間というのは、アプリケーションプログラムが利用できるコードやデータ、スタック、ヒープなどのメモリ空間のサイズの合計のことであり、従来のWindows NTでは1プロセスあたり最大2Gbytesまでに制限されていた(x86 CPUのアドレスビット幅は1セグメント当たり32bitあるので、これは全アドレス空間4Gbytesの半分のサイズにあたる)。Windows 2000 Advanced Serverでは、カーネル部分のメモリ空間を1Gbytesに縮小し、ユーザーメモリ空間を最大3Gbytesに増加させている。これにより、大きなアプリケーションでも実行しやすくなった。この機能を「Application Memory Tuning(もしくは4Gbytes Tuning)」という。

 最大物理メモリサイズは、システムに実装することが可能な(Windowsが認識可能な)物理メモリの最大サイズのことである。Pentium Pro以降のCPUでは、物理的なアドレスラインは36bitあるが(Pentiumまでは32bit)、この機能を使ってシステムに最大8Gbytesまでのメモリを実装し、それをWindows NTシステムから利用できるようにするための機能がPhysical Address Extension X86(PAE X86)である。また、2Gbytes(もしくは3Gbytes)のユーザーメモリ空間だけでは扱えないような{{span_begin class="ep"}}巨大な物理メモリを直接利用するためのAPIとして、Address Windowing Extensions(AWE)というAPIがある。AWEとは、巨大な物理メモリの一部をユーザーメモリ空間中のウィンドウにマッピングさせて利用する機能{{span_end}}であり(MS-DOS当時のEMSメモリなどと同じ考え方)、NT 4.0 サービスパック3以降で利用可能であるが、これら2つの機能を組み合わせることにより、Advanced Serverでは、より巨大なアプリケーションを動作させやすくなっている。

{{category Windows}}
{{category2 OS,Windows}}