トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Windows で マルチディスプレイの壁紙を変えるの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://lets-go.hp.infoseek.co.jp/dd.html
!!MultiWallpaper を使う
http://soft.g-sce.com/multiwallpaper/

!ddコマンドについて
 if=以下は、読み込む場所・ファイル名
 of=以下は、書き込む場所・ファイル名
 bs=以下は、読み書きするサイズをバイト数で表したもので、1セクタ単位で扱うには512を指定
 count=以下は、bs=512の場合、コピーするセクタ数と考えればよい
 skip=以下は、bs=512の場合、読み込む場所の先頭から、この値のセクタ数だけ後方から読み込みする
 seek=以下は、bs=512の場合、書き出す場所の先頭から、この値のセクタ数だけ後方に書き込みする
 conv=notruncは、seekを使ったときに先頭セクタから該当セクタまでの間を変更せずにそのまま残すオプション

!MBR
HDDの先頭セクタであるMBR
 dd if=/dev/hda of=/mnt/floppy/mbr.dsk bs=512 count=1
で保存出来る。

ドライブブートセクタの場所はMBRに書いてある。
Cドライブの開始セクタは63であることが多いため
 dd if=/dev/hda of=/mnt/floppy/cboot.dsk bs=512 count=1 skip=63
でドライブブートセクタを保存出来る。

MBRとCドライブのブートセクタは
  dd if=/dev/hda of=/mnt/floppy/mbr.dsk bs=512 count=63
でまとめて保存可能。

!どうしてもMBRが戻らないとき
Windows
WindowsのインストールCDで起動して、回復コンソールを起動する
 fixmbr

Linux
 ブートローダの再インストール
 
{{category2 OS,Linux}}
{{category2 OS,Windows}}