トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Windows のプロキシについての変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://ameblo.jp/noramike299/entry-11083035846.html
http://everyday-growth.com/?p=39

!!!Windows のプロキシについて
WindowsのProxyは2つある。

*IEのプロキシ
*WinHTTP Proxy
:IEのプロキシ:インターネットオプションで設定するプロキシ
:WinHTTP Proxy:GUIでの設定はないが、WindowsUpdate等で利用される

!!WinHTTPの変更
!WindowsXPの場合
 proxycfg -u 
でIEの設定をWinHTTPに設定できる。 -u オプションは、IEのProxy設定をWinHTTPに取り込むためのオプション。

WindowsにはProxyが2種類あるんです。
1つは、Internet Exploreの「インターネットオプション」→「ツール」→「接続」タブ→「LANの設定」で設定する項目で、ユーザーがブラウザやアプリケーションソフトを使ってインターネット接続する際に使用するもの。
もう一つは WinHTTP Proxyと呼ばれる、GUIでの設定項目はないが、内部的に設定値を持っている項目で、主にWindowsUpdateがMicrosoftのサイトからパッチをダウンロードする際に使用するもの。
WinTTPの状態確認する場合
 proxycfg

WinHTTPの設定を削除する場合は
 proxycfg -d

!Windows7以降
 netsh winhttp import proxy source=ie 
でIEの設定をインポートする。

WinTTPの状態確認する場合
 netsh winhttp show proxy

WinHTTPの設定を削除する場合は
 netsh winhttp reset proxy


{{category2 OS,Windows}}