トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

WindowsPE のCDを作る手順

PE Builder を使う

http://journal.mycom.co.jp/special/2003/winpe/index.html
pebuilder3110a.zip(289)
を起動して

ソース:Windows のCDのドライブ
カスタム:空欄
出力パス:そのまま
ISOイメージ作成:ISO作成場所

を指定して、ビルド。

手動

参考

http://mikisky40.web.fc2.com/kohza/kohza27.html#mokuji

 手順

1.Windows AIK をダウンロードしてインストール
2.作業フォルダを作成。

copype x86 e:\winpe

3.作業フォルダにWIMイメージをマウント

imagex /mountrw e:\winpe\ISO\sources\boot.wim 1 e:\winpe\mount

4.「imagex.exe」コマンドの追加

Windows AIKのインストールしたフォルダの「X86」フォルダの中の「imagex.exe」ファイルを「winpe」フォルダの「\Windows\System32」フォルダにコピーする。

5.変更をWIMファイルに適用すして、マウントを解除する。

imagex /unmount /commit e:\winpe\mount

6.ISOイメージファイルを作成する

oscdimg -n -be:\winpe\etfsboot.com e:\winpe\ISO e:\winpe\WindowsPE.iso

 捕捉

作業フォルダ作成

copype <アーキテクチャ> <フォルダ>

 アーキテクチャ : x86 
 フォルダ     : 作業用フォルダのパス

マウント

  (WIMファイルを書き込み可能モードでマウントする)

imagex /mountrw <WIMファイル> <イメージ番号> <マウントするフォルダ>

 WIMファイル      : マウントするWIMファイルを指定する
 イメージ番号     : WIMファイルは複数のイメージを格納できるため、イメージ番号
                を指定する。
 マウントするフォルダ: イメージをマウントするフォルダ

アンマウント

 (イメージに変更を適用してからマウントを解除する)

imagex /unmount /commit <イメージをマウントしたフォルダ> 

ISOイメージ作成

oscdimg -n -b<CDブートイメージ> <構築元フォルダ> <出力ファイル>

CDブーストイメージ : EI Torito規格のCDブートイメージファイル
構築元フォルダ    : 指定したフォルダをルートとしてISOイメージが生成される
出力ファイル      : 生成するISOイメージファイルの名前

[カテゴリ: OS > Windows]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2010年07月08日 21時36分19秒