トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

XOOPSの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!インストール
http://kisa.homeip.net/wiki/?XOOPS%A4%CE%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EB(Linux%CA%D4)

!必要なもの
 Webサーバー
 Apache推奨

 PHP
 PHP 4.1.0以降

 MySQL
 MySQL 3.23.xx以降

!Apacheの前準備 
 > cd /var/www/html
 > mkdir xoops2

!MySQLの前準備 
 > mysql -u root -p

XOOPS専用のデータベース「xoops2」を作成します
 mysql> create database xoops2;

XOOPS専用のユーザー「xoops2user」を作成します。「xoops2」データベースのみにアクセス権限を付与し、パスワードは「abc」と設定してみます。以下のコマンドを実行します。
 mysql> grant all privileges on xoops2.* to xoops2user@localhost identified by 'abc';

!XOOPSのダウンロードと配置 
XOOPSの最新版は、以下のサイトからダウンロードできます。
 http://jp.xoops.org/xoops/download.php

 > tar jxvf xoops-2.0.7.tar.bz2

解凍すると、カレントディレクトリに「html」「docs」「extras」の3つのディレクトリが現れます。ちなみに、このうち、XOOPSサイトを立ち上げる為に必要なディレクトリは「html」ディレクトリのみで、そのほかドキュメントやおまけですので無くても大丈夫です。 Apacheのドキュメントルートの中に作成した「xoops」ディレクトリに今解凍した「html」ディレクトリの中身をすべてコピーしてください。
 > cd html
 > cp -r -f * /var/www/html/xoops2

次に、「日本語ファイルパッケージ」を解凍します。
 > tar zxvf xoops-2.0.7-lang-ja-eucjp.tgz

この結果、カレントディレクトリに「xoops-2.0.7-lang-ja-eucjp」ディレクトリが作成され、その中に「html」ディレクトリがあるはずです。
この「html」ディレクトリの中身すべてを、先にコピーした「xoops2」ディレクトリ中のファイルに上書きします。

 > cd xoops-2.0.7-lang-ja-eucjp/html
 > cp -r -f * /var/www/html/xoops2

これで、日本語対応は完了です。

!XOOPSのインストール 
 http://localhost/xoops2/
あとは適当に設定。

!!他のサーバへ移行する
1.mysql をバックアップ、リストアでデータベースをコピー
2.mainfile.php のアドレスを変更

{{category2 ツール}}
{{category2 ツール,Web}}