トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Xen で仮想化

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/xen01/xen01a.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/xen01/xen01b.html

ゲストOSの方式

○準仮想化
 準仮想化ではゲストOSのカーネルを改変し、ハードウェアエミュレーションのオーバーヘッドを軽減させる。
○仮想化
 完全仮想化ではカーネルを改変せずにそのまま利用するためハードウェアエミュレーションのオーバーヘッドが大きく、特にI/O要求ではかなりのCPU時間をエミュレーション処理に費やすことになる。

データの保存形式

○パーティションベース
 ホストOSで認識しているブロックデバイスのパーティションをそのままゲストOSに貸し出し、その上にゲストOSをインストールする。このパーティションにはローカルマシン上のハードディスクが利用できるほか、iSCSIまたはファイバチャネル接続のSANも利用可能。
○ファイルベース
 パーティションは必要とせず、ファイルを作成してその上にゲストOSをインストールする。ファイルは、ホストOSからアクセスできるところにさえあれば、ローカルマシン上のハードディスクにあってもリモートのNFSサーバ上にあっても構わない。

Xen のインストール

「ソフトウェアの追加と削除」の「仮想化」でチェックボックスを付ける
または

yum install xen

とか。
その後、設定ファイルを修正する
http://iwbc.info/archives/706
xen対応のKernelを利用するため、「/etc/sysconfig/kernel」の「DEFAULTKERNEL=kernel」行を「DEFAULTKERNEL=kernel-xen」に変更

# vi /etc/sysconfig/kernel

#DEFAULTKERNEL=kernel
DEFAULTKERNEL=kernel-xen 

xen対応のKernelで起動させるため、「vi /boot/grub/menu.lst」の「default=X」行のXの値をxen対応カーネルの番号に変更。
Domain0が使うメモリ容量を指定したい場合はkernelのところにdom0_mem=00000と追記単位はkb

# vi /boot/grub/menu.lst
……
#default=0
default=1(変更)

timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.18-194.17.4.el5xen)
root (hd0,0)
kernel /xen.gz-2.6.18-194.17.4.el5 dom0_mem=128000
module /vmlinuz-2.6.18-194.17.4.el5xen ro root=LABEL=/ rhgb quiet
module /initrd-2.6.18-194.17.4.el5xen.img

ここまで設定したら再起動list
再起動後

# xm list
Name ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 454 1 r―– 16.5

と表示されればOK!!


ゲストOSのインストール

ゲストOS作成支援ツールとして「virt-manager」と「virt-install」がある。
virt-managerでは、GUIを利用したウィザードを通じてゲストOSの作成を進めることができる。virt-installはCUIでの操作になる。

ネットワーク

http://cloud.jar.jp/documents/html/net-default.html
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061010/250215/

物理IF peth0
ブリッジインターフェイス eth0

に変わるので注意

[カテゴリ: OS > Linux]
[カテゴリ: 仮想化]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2012年06月25日 20時48分53秒