トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

goの環境作成(Docker)

概要

DockerとVSCodeでgoの開発環境のテンプレート

Docker

 ディレクトリ構成

dir
.
├── docker-compose.yml
├── go <-- コンテナ内の /go
└── src <-- ソース

docker-compose

   version: '3'
   services: 
       go:
           image: golang:latest
           volumes:
               - ./go:/go
               - ./src:/root/src
           tty: true
           # privileged: true
           # security_opt:
           #     - apparmor:unconfined
           cap_add:
               - SYS_PTRACE

cap_add はデバッグをするときに必要。
privilegedでもいいけど、ユーザ名前空間を利用している場合は、使えないので注意。
https://please-sleep.cou929.nu/debug-go-project-with-delve-on-docker.html

VSCode

 設定

ローカルのdockerではなく、ssh先のdockerを使う場合は
settings.jsonに

"docker.host": "ssh://ユーザ@sshサーバ" 

を追記。
また

ssh ユーザ@sshサーバ

でログインできるように、ssh鍵の設定と .ssh/configの記述を行っておく

 拡張

  1. 利用するコンテナを起動しておく
    1. docker-compose up -d
  2. remote-Containers をインストール
  3. go拡張をインストール
  4. コンテナに接続し、コンテナ内にgoのライブラリをインストール
    1. ctrl + shift + P
    2. go; Install/Update tools


[カテゴリ: プログラミング言語 > Go]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2020年10月25日 17時49分34秒