トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

goの環境作成の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://shrineriver.wordpress.com/2009/11/13/go%E3%82%92xubuntu%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B/
http://shrineriver.wordpress.com/2009/11/13/go%E3%82%92xubuntu%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B/


!必要なもの
 bison
 ed
 gcc
 libc6-dev
 mercurial


!必要な環境変数
 export GOROOT=$HOME/go
 export GOOS=linux
 #export GOARCH=amd64
 export GOARCH=386
 export GOBIN=$HOME/bin
 export PATH=$GOBIN:$PATH

!手順
 cd ~
 mkdir go
 mkdir bin
 hg clone -r release https://go.googlecode.com/hg/ $GOROOT 
 cd $GOROOT/src 
 ./make.bash 

!Hello World
 package main
 import "fmt"

 
 func main() {
   fmt.Printf("hello, world\n")
 }

 $ 8g hello.go
 $ 8l hello.8
 $ ./8.out

{{category2 プログラミング言語,Go}}