トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

jRubyでredmineを動かす

準備

railsのインストール

jruby -S gem install rails

動作確認

jruby -v

バージョンが表示されればOK。

Redmineの設定

ダウンロード

http://redmine.jp/download/

からredmineをダウンロードし、展開。

SSLが使えない環境の場合はGemfileのsourceのアドレスを変更

https -> http

必要なパッケージをインストール

jruby -S bundle install

データベースの設定

cp config/database.yml.example config/database.yml
vim config/database.yml

とりあえず、sqliteで使ってみる

production:
 adapter: sqlite3
 database: db/redmine.sqlite3

データベース初期化

jruby -S rake db:migrate RAILS_ENV=production

シークレットキーの設定

 jruby -S bundle exec rake secret RAILS_ENV=production
vim config/secrets.yml

    production:
     secret_key_base: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx(表示された文字列)    
   development:
     secret_key_base: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
   
   test:
     secret_key_base: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


動作確認

jruby -S rails server -e production

Tomcatで動作させる

war化パッケージをインストール

 jruby -S gem install warbler

war化設定ファイル作成

jruby -S warble config

war化設定ファイル修正

vim config/warble.rb 

config.dirsを以下の設定値を変更

config.dirs = %w(app config lib log vendor tmp db files plugins public)

war化

jruby -S warble

tomcatの配下に設置

Easy Ganttを使う

公式からダウンロードして、redmine以下のpluginsディレクトリに展開。

依存パッケージのダウンロード

 jruby -S bundle install

DBテーブルの設定

 jruby -S rake db:migrate RAILS_ENV=production

[カテゴリ: プログラミング言語 > Ruby]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2016年06月04日 23時57分21秒