トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

keytool の使い方の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
○JNLP ファイルを作成
  <jnlp 
    spec="1.0+" 
    codebase="file:///D:/data/test" 
    href="test.jnlp">
    
    <information> 
      <title>たいとる</title> 
      <vendor>べんだ</vendor>
      
      <!--オンラインのみで実行するか-->
      <!--<offline-allowed/>--> 
      
      <!--ショートカットを作成するか-->
      <!-- <shortcut online="false">
        <desktop/>
        <menu submenu="test"/>
      </shortcut> --> 
    </information> 
    
    <resources> 
      <jar href="test.jar"/>
    </resources> 
    
    <application-desc main-class="test"/> 
    
    <!-- <security> 
      <all-permissions /> 
    </security> --> 
    
  </jnlp>
  
○実行
 javaws test.jnlp
 
○ローカルに対して全てのセキュリティを許可する
  ・JNLP に
   <security> 
      <all-permissions /> 
   </security>
   を追加
   
   ・クラスファイルに署名する
    ・キーストア、キー(エイリアス)を作成
!!クラスファイルに署名する
!キーストア、キー(エイリアス)を作成
    keytool -genkey -keystore myKeyStore -v ^
    -storepass storepass ^
    -alias myAlias ^
    -keypass keypass ^
    -validity 10000
    
    ・作成したキーでクラスファイルに署名する

!作成したキーでクラスファイルに署名する
    jarsigner -verbose ^
    -keystore myKeyStore ^
    -storepass storepass ^
    -keypass keypass ^
    test.jar ^
    myAlias

  ・もし、ローカルに署名書を保存するには
!ローカルに署名書を保存するには
    keytool -export -keystore myKeyStore -alias myAlias -file example.cer
    
    これをJavaコンソールの証明書から登録

Java Web Start などで常に許可する場合は、これをJavaコンソールの証明書から登録


{{category2 プログラミング言語,Java}}