トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

lsコマンドの色を変更する

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/358dircolors.html

概要

色分けの仕方は、/etc/DIR_COLORSで定義されている。
lsコマンドで表示されるファイルの色を変更するには
/etc/DIR_COLORSを~/.dir_colorsとしてコピーするか、-pオプション付きでdircolorsコマンドを実行して~/.dir_colorsを作成すればいい。

$ cp /etc/DIR_COLORS ~/.dir_colors

または

$ dircolors -p > ~/.dir_colors

色の定義について

.dir_colorsでは、以下のように拡張子ごとに属性や色を設定している。

(省略)
# image formats
.jpg 01;35 ←拡張子が.jpgのファイルは、明るい紫で表示
.png 01;35 ←拡張子が.pngのファイルは、明るい紫で表示
.gif 01;35 ←拡張子が.pngのファイルは、明るい紫で表示
(省略)

文字および背景の色は、以下の数字で行う。

文字色
30 ブラック(黒)
31 レッド(赤)
32 グリーン(緑)
33 イエロー(黄)
34 ブルー(青)
35 マゼンタ(紫)
36 シアン(水色)
37 ホワイト(白)

背景色
40 ブラック(黒)
41 レッド(赤)
42 グリーン(緑)
43 イエロー(黄)
44 ブルー(青)
45 マゼンタ(紫)
46 シアン(水色)
47 ホワイト(白)

また、.dir_colorsではエスケープシーケンスも設定できる。

属性 内容
00 なし
01 ボールド(明るくする)
04 アンダースコア(下線を付ける)
05 ブリンク(点滅する)
07 リバース(反転表示する)

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2015年07月29日 22時02分08秒