トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

mavenの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!mavenを使ったHelloWorld
!プロジェクト作成
 mvn archetype:generate -DgroupId=com.example -DartifactId=sample
:groupId:ルートパッケージに使用される
:artifactId:プロジェクト名。ディレクトリ名などに使用される

!ビルド
:mvn compile:プログラムをコンパイル
:mvn package:jarファイル作成
:mvn package -DskipTests=true:テストをスキップしてjarファイル作成
: mvn dependency:build-classpath:クラスパスを表示。コマンドラインで手動で実行したいときとか便利。

!実行
 java -cp target xxxxx.jar com.example.App

!実行(exec-maven-pluginを使う)
pom.xmlのpluginsに以下を追記。
        <plugin>
          <groupId>org.codehaus.mojo</groupId>
          <artifactId>exec-maven-plugin</artifactId>
          <version>1.2.1</version>
          <configuration>
            <mainClass>com.example.App</mainClass>
          </configuration>
        </plugin>
mainClassはメインクラス。
 mvn exec:java

!!!使い方いろいろ
!!ソースパス
      <plugin>
        <groupId>org.codehaus.mojo</groupId>
        <artifactId>build-helper-maven-plugin</artifactId>
        <executions>
          <execution>
            <id>add-source</id>
            <phase>generate-sources</phase>
            <goals>
              <goal>add-source</goal>
            </goals>
            <configuration>
              <sources>
                <source>../demo2/src/main/java</source>
              </sources>
            </configuration>
          </execution>
        </executions>
      </plugin>

!!一部ソース除外
ソースパスを追加した場合などで、不要なファイルがある場合は除外できる。
ただし、指定方法は絶対パス等ではなく、
 <exclude>**/some/full/directory/*</exclude>
 <exclude>**/some/single/File.java</exclude>
などのような指定方法をする。

      <plugin>
        <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
        <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
        <configuration>
          <excludes>
            <exclude>**/demo2/Demo2Application.java</exclude>
          </excludes>
        </configuration>
      </plugin>
{{category2 プログラミング言語,Java}}