トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

mountコマンドの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!smbをマウントする
[[smbをマウント]]

!!!ISOをマウントする
http://www5.ocn.ne.jp/~m-shin/linux/linux-iso-image-mount.html
 # mount -t iso9660 -o loop [iso イメージファイル名] /mnt/iso

!!!強制的にアンマウントする
http://d.hatena.ne.jp/ktomoya/20080901/1220286943
!方法1
 #umount -f デバイスファイル名
 or
 #umount -f マウントディレクトリ

!方法2
 #umount -l デバイスファイル名
 or
 #umount -l マウントディレクトリ

!!!ディレクトリをマウントする
--bind, --rbind オプションでディレクトリをマウントできる
 mount --bind /mnt/test /mnt/test2
rbind は再帰的にマウントする。
rbindをアンマウントするときは
 umount -R /mnt/test
で再帰的にアンマウントする。

!!!名前空間を使う
プロセスごとにマウントすることができる。
自分のプロセスだけがマウントしているように見える。

 unshare -m
で分離できる。
この状態でmountしても、他のプロセスからはマウントしているように見えない。

また、分離されたプロセスでremount しても、元のmountには影響がない。
例えば
 mount -o ro /dev/sda2 /mnt/backup
でマウントしていても、分離されたプロセスで
 mount -o remount,rw /mnt/backup
とすると分離されたプロセスのみが読書可能になる。

!!名前空間の開放
http://www.usupi.org/sysad/262.html(宿題の答え)
unshare -m などで分離したプロセスがマウントしたあと、アンマウントせずにプロセスが終了した場合、自動的に開放される。

{{category2 OS,Linux}}