トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

psql で接続時にパスワード入力を省略する

http://d.hatena.ne.jp/shibainu55/20090917/1253453342

方法1

$HOME/.pgpassファイルの使用
実行したいユーザのHOMEディレクトリに、.pgpassファイルを作成する。セキュリティを考慮し、ファイル権限は600とする。

$ vi ~/.pgpass
$ chmod 600 ~/.pgpass

.pgpassファイルの書式は以下の通り。複数定義したい場合はこの書式で複数行記述するだけ。

DBサーバホスト名:接続ポート番号:DB名:DBロール名:パスワード

※注意、特定バージョンまでは$HOME環境変数を参照するので、cronに設定する場合は$HOMEにも気をつけること!

方法2

PGPASSWD環境変数の設定
環境変数の設定はディストリビューションにより異なるので注意すること。viで~/.bash_profile、またはそこから読み込まれる|/.bashrcにて、以下の内容を設定する。この場合も、上記の方式同じようにファイルのパーミッションは600とするのがよさそう。

export PGPASSWD=パスワード

[カテゴリ: データベース > Postgresql]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2010年09月14日 22時55分35秒