トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

wmctrlを使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://tomas.styblo.name/wmctrl/
http://techno-st.net/2008/12/18/-x-wmctrl.html

!!!コマンドラインでウインドウマネージャを操作する
!!対応するウインドウマネージャ
*blackbox >= 0.70
*icewm
*kwin (the default WM for KDE)
*metacity (the default WM for GNOME)
*openbox >= 3
*sawfish
*fvwm >= 2.5
*waimea
*pekwm
*enlightenment >= 0.16.6
*xfce >= 4
*fluxbox >= 0.9.6
*matchbox
*window maker >= 0.91

!!インストール
!パッケージを使う場合
*CentOS
 yum install wmctrl
*debian系
 apt-get install wmctrl

!ソースからインストールする場合
http://tomas.styblo.name/wmctrl/#download
からダウンロード
 tar zxvf wmctrl-1.07.tar.gz
 ./configure
 make
 make install

!!使い方
!ウインドウ指定について
 wmctrl -l
で表示されるウインドウ名か以下の値を指定できる
,,
,:SELECT:,コマンドを適用するウィンドウをクリックして選択
,:ACTIVE:, アクティブウィンドウにコマンドを適用する

!ウインドウのリストを表示
 wmctrl -l

!ワークスペースの切り替え
 wmctrl -s 1

!ウインドウを指定のワークスペースに移動
 vmctrl -r ウインドウ名 -t ワークスペース番号
例(アクティブウインドウを2番のワークスペースに移動)
 vmctrl -r :ACTIVE: -t 1 


{{category2 OS,Linux}}