トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

x86 の意味の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
複数のHDDが取り付けられて、それぞれのHDDにMBRが存在する場合、
http://ichitech.seesaa.net/article/37067309.html

 ・基本的には、認識する順序で一番最初のHDDのMBRが読み込まれる
 ・場合によっては、最後に読み込んだMBR(HDD)を記憶して、次回はそのHDDから起動することもあるみたい
----
8086 8086。

例えば、 HDD1とHDD2があって、両方にMBRが存在する場合に
 ・通常はHDD1のMBRが起動される
16bit。最初のx86系CPU。MS-DOSやCP/M86等の原始的なDOSが動作するのみ。
----
186 80186。

HDD2のMBRから起動したい場合、
 ・HDD1のコネクタを抜いたまま起動する
 ・HDD2のMBRが読み込まれる
 ・電源を落として、HDD1のコネクタを付ける
 ・次回起動時からは、HDD1のMBRではなく、HDD2のMBRが読み込まれる
という事がある。
16bit。周辺チップを統合した上、命令の拡張と高速化を行った8086。
----
286 80286。

16bit。マルチタスク関連の命令を強化したが、それを活用したのは初期のOS/2程度。
----
386 80386 / i386。

86系初の32ビットCPU。命令体系の刷新、MMUとVirtual86モードを搭載し、IA-32の歴史はここから始まった。

----
486 80486 / i486。

高速化し、FPUを内蔵する等の強化を図った。
----
586 Pentium / MMX Pentium。

P5アーキテクチャ。さらに高速化し、末期にはSIMD命令(MMX)を内蔵した。
----
686 Pentium Pro / 2 / 3 / M。

P6マイクロアーキテクチャ。32ビット命令の高速化に特化し、Pentium 3でSSE命令を搭載。
----
786 Pentium 4。

P7/Netburstアーキテクチャ。スケーラアーキテクチャに特化して高クロック化を図った。
----

{{category2 OS,全般}}