トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

xmodmapの書き方

参考

https://bearmini.hatenablog.com/entry/2013/07/12/161637

入力キーを調べる

xev

で入力の情報を取得できる。

xmodmapの状態を表示する

 修飾キーの状態を表示する

xmodmap

 その他のキーの状態を表示する

xmodmap -pke

例えば

keycode  52 = z Z z Z

となっている場合、

  • Zキーを押した場合、小文字のz
  • shift+Zを押した場合、大文字のZ
  • Mode_switch + Zを押した場合、小文字のz
  • Mode_switch + Shift + Z を押した場合、大文字のZ

という意味。
Mode_switchとは AltGrという修飾キー。
一般的なキーボードには無いが、これをうまく利用することで便利なキー操作が可能になる。

xmodmapを設定する

 コメント

行の先頭に ! を入れるとコメント行になる。

 修飾キーグループ

修飾キーは各グループに登録されている。

xmodemap

で確認できる。
修飾キーを変更する場合は、このグループから抜けたり、追加したりする必要がある。

グループから抜ける

イコール前後のスペースは必須っぽい。

remove mod1 = Alt_L

グループに追加

add control = Control_L

例えば、caps_lockをcontrolにするには以下のようになる。

  1. lockグループからCaps_Lockを抜く
  2. caps_lockをcontrol_Lに変更
  3. ControlグループにControl_Lを追加

なので以下のようになる

remove Lock = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Control = Control_L

入れ替える場合は

remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Caps_Lock = Control_L
keysym Control_L = Caps_Lock
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L

 キー変更

イコールの前後のスペースは入れたほうが無難。
以下は例。

keycode 133 =Alt_L
keycode 130 = Henkan
keycode 131 = Muhenkan
keycode 133 = a A a A

カーソル移動を変更する

AltGrを利用することでキー操作の入替えが出来る。

remove mod1 = Alt_L
keycode 64 = Mode_switch

! ここから下を追加
keycode 43 = h H Left Left
keycode 44 = j J Down Down
keycode 45 = k K Up Up
keycode 46 = l L Right Right

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2018年07月31日 12時25分35秒