トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

youtubeをBGMにする

概要

youtubeをBGMとして再生する方法。
できればyoutubeの画面を表示せずに音楽だけ流したい。

foobar2000

foobar2000を使うのが一番オススメ。
foobar2000にyoutube componentsを入れることでyoutubeを再生できるようになる。
macやlinuxの場合はwineを使う。
macの場合は、brewでインストールしたwiineだと音がでなかったり、フリーズすることが多い気がする。
WineHQからpkgをダウンロードしてインストールした方がいいかも。

 wineで使う

SSL connet error 35

のエラがー発生する場合は、SSLのライブラリを変更する必要がある。

  1. youtube componentのdownloadサイトから libcurl_openssl をダウンロード
    1. https://fy.3dyd.com/download/
  2. libcurl_openssl.dll を foobarのディレクトリにコピー(どこでもよい)
  3. youtube componentのcurlライブラリを変更する
    1. foobarの設定画面を開く
    2. 左のツリーの Tools -> Youtube Sourceを選択
    3. Maintenanceタブを開く
    4. Third-party Binariesのlibcurlを右クリックしてExternalを選択
    5. さきほどコピーした libcurl_openssl.dll を選択
    6. OK を選択してfoobarを再起動する


mpsyt

CLIのyoutube再生プレイヤー。
python3で動作する。
正確にはyoutubeのデータを他のプレイヤーに渡すツール。
プレイヤーは内蔵していないので、他のプレイヤーを準備する必要がある。
標準ではmplayerを使うようになっている。

 インストール

CentOSでのインストール方法。基本的にはdebian系もmacも同じ。

mplayerのインストール

nux-dextopからmplayerをインストールする。

sudo rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-5.el7.nux.noarch.rpm
sudo yum install mplayer

mpsytのインストール

sudo yum install python34 python34-pip
pip3 install --user youtube-dl mps-youtube

 設定

set

で設定値を変更できる。

検索カテゴリをなくす

標準では音楽カテゴリを検索するようになっているが、聞きたいものが音楽カテゴリになっているとは限らないので、検索を音楽カテゴリに絞らないようにする。

set search_music false

mplayer以外を使う場合

set player vlc

等で変更できる。

 使い方

https://blog.keinos.com/20161129_1718

検索

/キーワード

キーワードは半角スペースで区切って複数入力可

ローカルリストに曲を追加

検索後に検索結果からローカルプレイリストに曲を追加する

add 番号 リスト名

この時リスト名が存在しない場合、新しくプレイリストを作成する。

例
add 12 jpop

ローカルリストを再生

play リスト名

ローカルリストを確認、削除

ローカルリストを一覧表示

ls

ローカルリストを削除

rmp リスト名

ローカルリスト内を確認

view リスト名

ローカルリストを編集

open リスト名
rm 番号
save [リスト名]

save でリスト名を指定すると別リストとして保存できる。

[カテゴリ: ツール > マルチメディア]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2018年09月28日 23時56分13秒