トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

yum の使い方

基本的な使い方

GUIで使う

CentOS の場合は

pirut

で画面を表示

リスト表示

yum list

絞り込みは grep を使う

yum list | grep -i hoge

インストール

yum install パッケージ

削除

yum remove パッケージ

リポジトリを有効する

--enablerepo=リポジトリ

で無効になっているリポジトリを有効にできる

yum --enablerepo=base list

とか。

リポジトリを無効する

--diablerepo=リポジトリ

で有効になっているリポジトリを無効にできる

yum --disablerepo=base list

とか。

キャッシュをクリアする

yum clean all

キャッシュの場所は

/var/cache/yum/

衝突が起きた場合

既にインストールされているパッケージが別名で新しくなる場合
conflict エラーが発生することがある。
例えば、
samba 3.0 -> samba3x

解決策1

yum で一旦削除して、インストールする。
この方法の場合、依存しているものが多いと大変なことになる。

解決策2

rpm コマンドで対象のパッケージだけを削除してから、インストール。
依存関係を無視して、強制的に指定のパッケージだけを削除するには

--nodeps

オプションを使う。

rpm --nodeps -e パッケージ

パッケージをダウンロードする

http://kajuhome.com/yum_downloadonly.shtml

 準備

yum install yum-downloadonly

で downloadonly プラグインを入れる。

 使い方

yum install --downloadonly パッケージ

ファイルは

/var/cache/yum/

にダウンロードされる。

リポジトリにDVDドライブを追加する

http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=11&TID=6167

CentOS5 に有った例を参考に作ると
/etc/yum.repos.d/ 下に
例えば、f7-media.repo
を下記の様に作ります。

[f7-media]
name=Fedora $releasever - Media
#name=CentOS-$releasever - Media
baseurl=file:///media/Fedora/
file:///media/CDROM/
# file:///media/cdrom/
file:///media/cdrecorder/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY
#gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-beta


[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2012年09月25日 23時32分30秒