トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ansible

参考

https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2019/04/12/103000
https://qiita.com/346/items/00122556cb2bd6f57998
https://dev.classmethod.jp/server-side/ansible/introduction_about_role/
https://tekunabe.hatenablog.jp/entry/2018/06/11/ansible_inventory_list
https://docs.ansible.com/ansible/2.3/intro_inventory.html#list-of-behavioral-inventory-parameters
https://docs.ansible.com/ansible/latest/index.html
https://github.com/ansible/ansible-examples

概要

構成管理ツールの一つ。設定先にエージェントを必要としないエージェントレスな構成ツール。

公式ドキュメント

https://docs.ansible.com/ansible/latest/index.html

使い方

 ディレクトリ構成

 .
 ├── inventory
 ├── playbook.yml
 └── roles
      └── helloworld
           └── tasks
               └── main.yml

inventory

構成先の情報を記載する。
指摘できるパラメータは 公式ドキュメント を参照する

 [hoge]
 192.168.1.10

 [hoge2]
 # 設定するときに使うsshのユーザを指定するときは ansible_ssh_user を指定する
 192.168.1.20 ansible_ssh_user=hoge

 [hoge3]
 # パスワードも指定できる
 192.168.1.30 ansible_ssh_user=hoge3 ansible_ssh_pass=centos

 [hoge4]
 # 鍵ファイルを指定する場合
 192.168.1.30 ansible_ssh_user=hoge4 ansible_ssh_private_key_file=/home/hoge4/.ssh/hoge4
 

playbook.yml

呼び出すロールを指定する。

 - hosts: all
   roles:
     - helloworld

条件に合わせて実行するロールを切り替えることもできる

 ---
 - import_playbook: common.yml
 - import_playbook: centos.yml
   when:
     - ansible_distribution == "CentOS"
 - import_playbook: ubuntu.yml
   when:
     - ansible_distribution == "Ubuntu"
 - hosts: all
   roles:
     - clamav

roleディレクトリ

実際に実行する処理を書く。

ansible-galaxy init roles/helloworld

でディレクトリ構成を自動的に作成してくれる。作成後に不要なディレクトリを消しても良い。 tasksディレクトリがあれば動く

main.yml

実際の処理を書く

 ---
 # tasks file for helloworld
 - name: Hello World!
   debug:
     msg: "Hello World!"

実行

ansible-playbook -i inventory playbook.yml

inventoryのグループを指定する場合

ansible-playbook -i inventory playbook.yml -l centos,ubuntu

 設定先ホストの情報(変数)

ansible -i inventory -m setup all

で接続先の情報を取得できる。この値を参照したり条件分岐に使える。
インベントリファイルを用意しなくても、ホスト名(IPアドレス)を指定することもできる。

ansible -m setup  -i 192.168.38.148, -u ubuntu -k all
-i
インベントリファイルの代わりにIPアドレス等を指定する。カンマ区切りで複数指定できるが、一つだけの場合でもカンマが必要。
-u
ユーザを指定
-k
パスワードの入力を求める
all
本来はインベントリファイルの中からパターンにマッチした接続先だけを表示するのだが、IPを指定する場合はallで良い

 サンプル

ansible_sample.zip(144)


[カテゴリ: OS > Linux]

[通知用URL]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2021年02月23日 17時20分54秒