トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Android SDK の使い方

http://www.javadrive.jp/android/index.html
http://firespeed.org/diary2/read/read.php?diary=kenz&junl=2

利用するJavaのバージョンについて

JDK7 を使うとリリース時に

パッケージファイルに正しく署名されていません。

と出るので注意。
今のところは、JDK6 を使うのが無難。

設定

1.ダウンロードして解凍
2.tools にパスを通す
3.コマンドプロンプトで

android create avd --name test1 --target 2

で仮想デバイスを作成する。

android create avd

でヘルプ表示。
ここで作った設定は、ホームディレクトリのandroid以下にある

ターゲットのリストは

android list targets

で表示できる。

エミュレータ

エミュレータの起動

emulator -avd test1

でエミュレータ起動

キーボード、マウスホイールを有効にする

http://tmegos.blogspot.jp/2012/07/android.html
設定によってはキーボードが使えないことがある。

ユーザのホームディレクトリの .android/avd 以下にある
AVDの設定ファイルである config.ini を開いて

hw.dPad=yes
hw.keyboard=yes

を追記、編集する


エミュレータの画面を回転させる

CTRL + F11

でエミュレータを回転できる。

コンパイルと実行

環境作成

android create project -a actname  -k pack.test -t 2 -p path

バージョンによっては

activityCreator.py --out hello org.klab.Hello
activityCreator.bat --out hello org.klab.Hello

とか。

コンパイル

ant

とか

ant build

とか。バージョンによりけり。
javac とか ant とか使えるようにパスを設定しておく。

エラーがでたら

Certificate expired xxxxxxxx

っていうエラーがでたら、ホームディレクトリ直下の

.android

を消してしまうのが一番楽。

プロジェクトのアップデート

SDKをアップデートすると、プロジェクトが古くてコンパイルできなくなったりする。
その場合は、

android update project --path プロジェクト

で、プロジェクトをアップデートする。

実行

エミュレータを実行している状態で

ant install
ant debug install (最近はこっち)

または、

adb install bin\actname-debug.apk

XXX.apk はコンパイル後に bin の中に出来る。

デバッグ

System.out.println

または

android.util.Log

でログ出力。

adb logcat 

必要に応じて -d オプションを付ける。
フィルタリングは

adb logcat  *:s System.out:I

とか。マッチするタグがないと表示されるみたいなので *:s で余計なタグを弾く。

日本語の表示

ソースをMS932で書いてnative2ascii をかます。
n2a.bat(489)
こんなバッチを書いて、src_natvieにソースを置けばOK

複数デバイスを使う

adb コマンドは

-s

でシリアルを指定できる。

adb devices

で表示されるシリアルを指定する。

adb -s emulator-5554 shell

とか

VMWare を使う場合

以下の内容はVMWareでAndroidアプリをデバッグするへまとめ直しました。



エミュレータを使用している場合、
パッケージのインストール、デバッグなどの作業は
adb(Android Debug Bridg)を使用して行われている。

エミュレータの代わりにVMWareにインストールしたAndroidを使う場合も
adbを使用してパッケージのインストールやデバッグが行える。

手順

vmware 内のandroid で adbd が起動されていることを確認する
adbコマンド実行側の環境変数(ADBHOST)にadbd実行側のIPアドレスを設定する

set ADBHOST=192.168.*.*

あとは、普通のエミュレータと同じ。

adb devices

でデバイスを確認する。もし、デバイスが認識されていない場合は

adb kill-server

を実行してから、 add devices を実行してみる。

adb start-server

は実行しなくても、自動で実行してくれるので必要ない。

その他のadbコマンド

コマンド 用途
adb install (-r) *.apk  パッケージインストール -r はリインストール
adb shell adbd 実行側でのshellを起動する
adb kill-server adb server を止める。 adb server は自動で実行される。
adb start-server adb serverを明示的に実行する
adb devices 使用出来るデバイスの一覧を表示する
adb logcat ログを確認する
adb push ファイルを送信する
adb pll ファイルを受信する

※ 複数デバイスがある場合、 -s でデバイスを指定出来る。

adb の仕組み

この内容は、予想なので実際はどうなのかわからない

  • Android OS 側に adbd (adbデーモン)を起動しておく
  • adb コマンド実行側に adb server (adb デーモンと通信するプロセス)を起動する
  • adb コマンド実行側が adb server 経由でadbdに指示を与える

[カテゴリ: プログラミング言語 > Java > Android]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2013年02月20日 00時44分59秒