トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Intel スティックPC にMintLinux20をインストール

概要

IntelのスティックPCにMintLinuxをインストールする。
容量不足になるので、大きめのSDカードを準備してそこにインストールする。
元々のubuntuは潰さず、そのままにする。

インストール

インストールディスク(iso)の内容を

dd

でインストール先とは別のSDカードまたは、USBメモリに書き込んで起動。
インストール画面の動きが遅い場合は、OEMのインストール画面を使う。
なぜかOEMのインストール画面は普通。

設定

基本的にIntel スティックPC Ubuntu の設定と同じ

バックアップ、リストア

せっかくSDカードにインストールしたのでバックアップしておくと何かあったときにリストアが楽。

 バックアップ

dd if=/dev/sdb | gzip -c > mintLinux20.img.gz

 リストア

リストア

gzip -dc < mintLinux20.img.gz | dd of=/dev/sdb

grub再インストール

元のubuntuを起動して

 mkdir /mnt/root
 sudo mount /dev/mmcblk1p1 /mnt/root
 sudo mount /dev/mmcblk0p1 /mnt/root/boot/efi
 sudo mount --bind /dev /mnt/root/dev
 sudo mount --bind /dev/pts /mnt/root/dev/pts
 sudo mount --bind /proc /mnt/root/proc
 sudo mount --bind /sys /mnt/root/sys
 
 sudo chroot /mnt/root
 # grub-install /dev/mmcblk1

fstab修正

 vi /etc/fstab

起動時に「Gave up waiting for suspend/resume device」が表示される

fstabでswapのUUIDに変更があった場合は、上記メッセージが表示される。
タイムアウトを待つため、起動も遅くなる。
以下コマンドでinitramfsイメージを更新する。

  sudo update-initramfs -u

容量が変わった場合

 gpartedでパーティションを拡張
 resize2fs -p /dev/mmcblk1p1
[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2021年01月06日 00時11分45秒