トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Oracle SQL Developer

概要

Oracleが提供しているOracleクライアント。
管理の機能やスキーマのコピーなどの機能が充実している。

ポータブルの設定

https://moizmuhammad.wordpress.com/2015/06/11/how-to-install-a-portable-oracle-sql-developer-in-windows/

 注意

ポータブルの設定をしても、ユーザホーム\AppData\Roaming\sqldeveloperが作成されるので注意。

 設定

  1. Oracle SQL Developer を任意のパスにコピーする
  2. ユーザディレクトリを設定する
  3. コピー先\sqldeveloper\bin\sqldeveloper.conf を編集する
  4. AddVMOption -Dide.user.dir=../../profile を追加
  5. JDKを同封する場合
    1. コピー先\JDKを作成する。
    2. JDKやJREをインストールせずに解凍するを参考に解凍したJavaをコピー先\JDKにコピーする

フォントの設定

http://www.thatjeffsmith.com/archive/2013/12/how-to-change-the-ui-font-size-for-oracle-sql-developer/

 フォントサイズ

SQL Developerのプロファイルの ide.properties ファイルの

Ide.FontSize

を変更する。
ide.propertiesファイルは

~/.sqldeveloper/system4.0.0.13.80/o.sqldeveloper.12.2.0.13.80/ide.properties

などのようなパスにある。grep Ide.FontSize で検索するとよい。

 アンチエイリアス

product.confにJVMのオプションを追加する。

AddVMOption -Dswing.aatext=true
AddVMOption -Dawt.useSystemAAFontSettings=lcd

product.conf は

~/.sqldeveloper/4.0.0/product.conf

などのようなパスにある。


[カテゴリ: データベース > Oracle]
[カテゴリ: ツール > 開発]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2016年06月18日 00時03分03秒