トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Symfony


参考

http://symdoc.kwalk.jp/doc/book/configuration

設定手順

  1. インストール
    1. wget https://symfony.com/installer
    2. mv installer symfony
  2. プロジェクト作成
    1. symfony new hoge [2.8とか]
  3. 設定
    1. 設定確認 web/config.php
      1. localhost以外からアクセスする場合はconfig.phpを一時的に書き換え
    2. 書き込み権限
      1. apacheまたは、apacheを含むグループに書込とSGIDを立てておくと良い
    3. サブディレクトリに配置する場合でも、htaccess等の編集は不要
  4. apacheの設定
    1. Options -MultiViews が許可されていない等のエラーが出る場合
      1. AllowOverride に Options=All,Multiviews が必要。


HelloWorld

2系も3系もディレクトリ構造が少し違うがHelloWorld的なサンプルはあまり気にしなくて良い。

 Controller

src/AppBundle/Controller/HelloController.php

 <?php
   
   namespace AppBundle\Controller;
   
   use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;
   use Symfony\Bundle\FrameworkBundle\Controller\Controller;
   use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
   
   class HelloController extends Controller
   {
     /**
      * @Route("/hello")
      */
     public function indexAction(Request $request)
     {
       // replace this example code with whatever you need
       return $this->render(
         'hello/index.html.twig', 
         array('message' => "hello world!"));
     }
   }

 View

app/Resources/views/hello/index.html.twig

サンプルページ
{{message}}


予備知識

 キャッシュ

ルートやビューの表示の一部は最初の実行時に決定され、キャッシュに保存される。
そのため、ルートの変更や表示を変更した場合はキャッシュをクリアする必要がある。
デバッグモードの場合は、キャッシュされないが、パフォーマンスに影響する。

デバッグモードの切替

app.php

$kernel = new AppKernel('prod', false);

のAppKernelの引数で環境とデバッグモードを指定する。

第1引数
prod、dev、testの環境
第2引数
デバッグモードの指定。trueの場合デバッグモードになる。
環境は、prod(本番)、dev(開発)、test(テスト)があり、これら以外にも自由に追加可能。
各環境はロードする設定ファイルが異なる。

 consoleのパス

  1. 2系 php app/console
  2. 3系 php bin/console

 umask

groupとSGIDもちゃんと設定すれば
app.phpの最初かapacheの設定で umask を 002 にしておくと楽かも。


 コマンド

ルート一覧

console router:debug

キャッシュクリア

console cache:clear --dev=prod --no-warmup
--dev
環境を指定。
--no-warmup
キャッシュの初期データを作成しない

テスト用のサーバ起動、終了

console server:start
console server:stop

 ロガー

$logger = $this->get('logger');
$logger->info('I just got the logger');
$logger->err('An error occurred');

 セッション

3系

use Symfony\Component\HttpFoundation\Session\Session;

$session = new Session();
$session->set('name', 'Drak');
$session->get('name');

2系

$session = $this->getRequest()->getSession();
$session->set('foo', 'bar');
$foo = $session->get('foo');

 ルーティング

今のところ、アノテーションでルーティング。

 データベース

SQL実行


ORM

php app/console doctrine:mapping:convert annotation src --from-database

[カテゴリ: プログラミング言語 > PHP]


  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2017年09月19日 23時18分19秒