トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

USB で Knoppix を使う

インストール

Knoppix をCDブートして、メニューからフラッシュメモリにインストール

起動

USBから起動させる。もし、USB起動できないマシンの時は、USB起動できないPCで、USB起動するを参照。

設定

 設定の保存

起動時に設定の保存先を作成するか聞かれる。
パスワードを設定して作成するのが無難。
ここで作成したイメージは、

Knoppixのルート/knoppix/knoppix-data.aes

にある。

 起動パラメータの変更

USBメモリのbootディレクトリにある syslinux.cfg で設定できる。

boot/syslinux/syslinux.cfg

の knoppix の

APPEND

にパラメータを設定できる。

no3d

を設定すると、compiz を無効にできる。

 その他の設定

  • Flash Player
  • Firefox の about:config で dom.ipc.plugins.enabled.libflashplayer.so を false に設定
  • IMEのキーバインド
  • jEdit
  • JREとフォント

その他いろいろ

 XMMSをインストールする

インストール

http://www.pvv.ntnu.no/~knuta/xmms/
http://www3.big.or.jp/~sian/linux/products/xmms/

xmms.zip(202)

apt-get update
apt-get install libmikmod2
apt-get install libglib2.0-dev
apt-get install libgtk2.0-dev

dpkg -i libglib1.2-dev_1.2.10-19_i386.deb
dpkg -i libgtk1.2-dev_1.2.10-18.1_i386.deb

あとは、

tar xvf xmms-1.2.11j_20071118.tar.bz2
./configure
make
make install

とか。

起動時にエラーが出たら

起動時に

“xmms: error while loading shared libraries: libxmms.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory” 

とか表示された場合は、ライブラリを正しく見れていない。

ldconfig

で、新しく作成したライブラリを参照できるようになる。

設定

メニューが化けるときは

cd /etc/gtk
cp gtkrc.ja gtkrc.ja.utf8

コピったファイルの一行目と最後の“gtk-default-ja”を“gtk-default-ja-utf8”に変更

さらに、
設定 -> オーディオ入出力プラグイン -> MPEG Layer 1/2/3 プレイヤー を選択し、設定 をクリック
タイトルタブで、読込時の変換を

SJIS -> UTF8

にする


 VLC Player を入れる

apt-get update
apt-get install vlc

 pidgin で Yahoo Japanに接続

Yahoo Japan に接続できない場合は、設定する。
出来る場合は、特に何もしなくて良い。
/etc/hosts に

124.83.239.131 cs1.msg.vip.ogk.yahoo.co.jp # for pidgin

を追加

 起動後解像度を変更する

デュアルディスプレイの環境では解像度がうまく変えられないことがある。

KDEシステム設定

を使うとうまく行く事がある。
もし、シングルディスプレイにする場合は、不要なディスプレイのサイズを

無効

にすると良い。

 起動オプション

起動時に

boot:

が表示されたときにオプションが指定できる。 F2 でヘルプ表示。

boot: knoppix screen=1440x900

とか。

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2012年09月05日 00時30分22秒