トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

VMWare ESXi で 使えるコマンド

https://hds.networld.co.jp/helpdesk/support/FaqFacadeServlet?TaskType=Detail&seriesId=VMwareFAQ&id=00001214&categoryId=0035&JspUrl=/support/FrequentlyDetail.jsp
http://d.hatena.ne.jp/connect24h/20090204
http://marchen.boy.jp/?p=1030

ディスク管理

 vmkfstools

コピー

vmkfstools -i <コピー元仮想ディスク> <コピー先仮想ディスク>
例)
vmkfstools -i /vmfs/volumes/source/vm1/vm1.vmdk /vmfs/volumes/destination/vm1clone-disk/vm1clone.vmdk

vmkfstoolsとcpコマンドでのコピー速度の違い

cpコマンドではvmfsのメタデータのアップデートが頻発して,IOが遅くなるためのようです。つまり,vmware社が用意したコマンドじゃないと,いろいろな意味で,パフォーマンスが出ない可能性が高いようです。

分割と統合

分割

vmkfstools -i <コピー元仮想ディスク名> -d 2gbsparse <コピー先仮想ディスク名>
例)
vmkfstools -i /vmfs/volumes/source/vm1/vm1.vmdk -d 2gbsparse /tmp/vm1/vm1.vmdk

統合

vmkfstools -i <コピー元仮想ディスク名> <コピー先仮想ディスク名>
例)
vmkfstools -i /tmp/vm1/vm1.vmdk /vmfs/volumes/destination/vm1/vm1.vmdk

可変長ディスクイメージ

vmkfstoolsを使用して、10GBの固定ディスクを作成する方法

vmkfstools --createvirtualdisk 10G /vmfs/volumes/datastore1/test/test1.vmdk(フォルダ/ファイル名は適宜変更)

vmkfstoolsを使用して、10GBの可変ディスクを作成する方法

vmkfstools --createvirtualdisk 10G -d thin /vmfs/volumes/datastore1/test/test2.vmdk(フォルダ/ファイル名は適宜変更)

既に作った固定ディスクを可変ディスクに変換する方法

vmkfstools -i /vmfs/volumes/datastore1/test/test1.vmdk -d thin /vmfs/volumes/datastore1/test/test1-thin.vmdk(フォルダ/ファイル名は適宜変更)

速度は多少落ちてしまいますが、確保だけして未使用の領域がたくさんあるディスクの場合は便利です。

-d オプションについて

zeroedthick
シック(固定長)で、空きスペースをクリアする
eagerzeroedthick
シック(固定長)で、空きスペースをクリアする

http://noexciting.exblog.jp/14183968/
※ZeroedThickとEagerZeroedThickの違い
通常のZeroedThickフォーマットの仮想ディスクや、Thinフォーマットの仮想ディスクを利用している場合、VMDKファイルの作成処理自体はすぐに完了する。これは各ディスクブロック上の実データの初期化は行わずに処理を完了させているためだ。このような仮想ディスクに対してI/Oを発行する場合、「該当ブロックに対して1回目のWrite処理が発行されたときに、そのブロック全体をいったんゼロで初期化し、その後発行されたWrite処理をディスク装置に発行する」という動作を行っている。つまり初回のWriteのとき、該当ブロックをゼロで埋める処理をオンデマンドで実行しているわけである。
(略)
要するに、EagerZeroedThickは初回にゼロサプレスしているぶん ZeroedThickよりも早いってことすね。


thick
シック(固定長)
thin
可変長
2gbsparse
2GB ごとにファイルを分ける
monosparse
利用している分だけにする。バックアップ用として使うと良い。利用するときは、thinやthickに戻す必要がある。

その他のオプション

http://networkadminkb.com/KB/a345/vmkfstools-command-line-options-explained.aspx

 
 OPTIONS FOR FILE SYSTEMS:
 
 vmkfstools -C --createfs vmfs3
                -b --blocksize #[mMkK]
                -S --setfsname fsName
            -Z --spanfs span-partition
            -G --growfs grown-partition
    deviceName
 
            -P --queryfs -h --humanreadable
            -T --upgradevmfs
    vmfsPath
 
 OPTIONS FOR VIRTUAL DISKS:
 
 vmkfstools -c --createvirtualdisk #[gGmMkK]
                -d --diskformat [zeroedthick|
                                 thin|
                                 eagerzeroedthick]
                -a --adaptertype [buslogic|lsilogic|ide]
            -w --writezeros
            -j --inflatedisk
            -k --eagerzero
            -K --punchzero
            -U --deletevirtualdisk
            -E --renamevirtualdisk srcDisk
            -i --clonevirtualdisk srcDisk
                -d --diskformat [zeroedthick|
                                 thin|
                                 eagerzeroedthick|
                                 rdm:<device>|rdmp:<device>|
                                 2gbsparse]
            -X --extendvirtualdisk #[gGmMkK]
                [-d --diskformat eagerzeroedthick]
            -r --createrdm /vmfs/devices/disks/...
            -q --queryrdm
            -z --createrdmpassthru /vmfs/devices/disks/...
            -v --verbose #
            -g --geometry
            -x --fix [check|repair]
    vmfsPath
 
 OPTIONS FOR DEVICES:
 
            -L --lock [reserve|release|lunreset|targetreset|busreset|readkeys|readresv] /vmfs/devices/disks/...
            -B --breaklock /vmfs/devices/disks/...


ゲストマシン管理

 vim-cmd

ゲストOSの一覧

vim-cmd vmsvc/getallvms




[カテゴリ: 仮想化]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2013年11月12日 22時40分43秒