トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

firewalld

Firewalld について

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/072400026/072400001/
CentOS7から採用されたファイヤーウォール。
これまで利用されてきたiptablesのバックエンドのパケットフィルターに対して
設定を行う。
iptablesとの違いは、動的にポリシーが変更できることと、
public や home などのゾーンという概念導入されたこと。


iptablesサービスを使ってもfirewalldサービスを使っても結果的には
iptablesコマンドでパケットフィルターに対して設定を行なっている。


firewalldの使い方

http://www.unix-power.net/centos7/firewalld.html
http://www.mk-mode.com/octopress/2014/08/09/centos-7-0-setting-of-firewall/

 稼働状況の確認

systemctl status firewalld
firewall-cmd --state

 コマンド

ゾーンやサービスの確認

コマンド 意味 備考
firewall-cmd --list-all 現在有効なゾーンの設定確認
firewall-cmd --list-all-zones 全てのゾーンの設定確認
firewall-cmd --get-services 定義済みサービス名確認
firewall-cmd --get-default-zone デフォルトゾーンの確認
firewall-cmd --set-default-zone=trusted デフォルトゾーンの変更
firewall-cmd --zone=trusted --change-interface=eno1 ゾーンのインターフェイスを付け替え
firewall-cmd --reload 設定の再読み込み

サービス

コマンド 意味 備考
firewall-cmd --zone=public --list-services public ゾーンで許可されているサービスの一覧を確認
firewall-cmd --zone=public --add-service=ftp public ゾーンに ftp サービスの許可を追加 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける
firewall-cmd --zone=public --query-service=ftp public ゾーンで ftp サービスが許可されているか確認
firewall-cmd --zone=public --remove-service=ftp public ゾーンから ftp サービスの許可を削除 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける

ポート

コマンド 意味 備考
firewall-cmd --zone=public --list-ports public ゾーンで許可されているサービスの一覧を確認
firewall-cmd --zone=public --add-port=4000/tcp public ゾーンにポート TCP:4000 の許可を追加 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける
firewall-cmd --zone=public --add-port=4000-4005/tcp public ゾーンにポート TCP:4000 〜 4005 の許可を追加 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける
firewall-cmd --zone=public --remove-port=4000/tcp public ゾーンからポート TCP:4000 の許可を削除 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける

ICMP

コマンド 意味 備考
firewall-cmd --zone=public --list-icmp-blocks public ゾーンで禁止されている ICMP の一覧を確認
firewall-cmd --zone=public --add-icmp-block=echo-request public ゾーンに echo-request の禁止を追加 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける
firewall-cmd --zone=public --query-icmp-block=echo-request public ゾーンで echo-request が禁止されているか確認
firewall-cmd --zone=public --remove-icmp-block=echo-request public ゾーンから echo-request の禁止を削除 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける

マスカレード

コマンド 意味 備考
firewall-cmd --zone=public --list-icmp-blocks public ゾーンでの IP マスカレードの設定を確認
firewall-cmd --zone=public --add-masquerade public ゾーンで IP マスカレードを有効にする 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける
firewall-cmd --zone=public --remove-masquerade public ゾーンで IP マスカレードを無効にする 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける

ポートフォワード

コマンド 意味 備考
firewall-cmd --zone=public --list-forward-ports public ゾーンでのポートフォワードの設定を確認
firewall-cmd --zone=public --add-forward-port=port=22:proto=tcp:toport=8888 public ゾーンで TCP:99 宛のパケットを TCP:8888 宛に変更する設定を追加 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける
firewall-cmd --zone=public --query-forward-port=port=22:proto=tcp:toport=8888 public ゾーンに TCP:99 宛のパケットを TCP:8888 宛に変更する設定が適用されているか確認
firewall-cmd --zone=public --remove-forward-port=port=22:proto=tcp:toport=8888 public ゾーンで TCP:99 宛のパケットを TCP:8888 宛に変更する設定を削除 恒久的に設定する場合は --permanent を付ける


 iptables で確認

最終的にどんなポートがどのように設定されているかは iptables コマンドで確認できる。

iptables --list -n

サービスの設定ファイル

※サービス一覧

# ls /usr/lib/firewalld/services/

※ICMPタイプ一覧

# ls /usr/lib/firewalld/icmptypes/

GUIでの設定

firewall-config


[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2015年01月05日 20時05分23秒