トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

inputrc

参考

http://archive.linux.or.jp/JF/JFdocs/LFS-BOOK/chapter07/inputrc.html
https://wiki.archlinux.jp/index.php/Readline

概要

Readlineが利用するキーボードマップを設定する。

設定

 ファイル作成と書き方

vim ~/.inputrc

"\e[1~": beginning-of-line
"\e[4~": end-of-line
"\e[5~": beginning-of-history
"\e[6~": end-of-history
"\e[3~": delete-char
"\e[2~": quoted-insert

 読み込み

bind -f ~/.inputrc

 設定値確認

bind -p

 設定するキーコードを調べる

 方法1

コンソールで

Ctrl + v

のあとに、キーを押すと制御文字が表示される。表示される制御文字の

^[


\e

に置き換える。例えば、矢印の上キーの場合は

^[[A

になるので、inputrcには

"\e[A": previous-history

 方法2

catコマンドでも方法1と同じようなことができる。catコマンドを実行後にキーを押すと制御文字が表示される。

 bindで設定可能な関数名の一覧

bind -l

 bindされているのを削除する

関数の指定を空にする。例えば、上キーを無効にするには

 "\e[A": ""

とする。

サンプル

 # bind -f ~/.inputrc
 
 set bell-style none
 
 #"\e[1~": beginning-of-line # home
 #"\e[4~": end-of-line       # end
 #"\e[3~": delete-char       # delete
 #"\e[2~": quoted-insert     # insert
 #"\e[5C": forward-word      # ctrl + ->
 #"\e[5D": backward-word     # ctrl + <-
 #"\e[1;5C": forward-word    # Ctrl + ->
 #"\e[1;5D": backward-word   # Ctrl + <-
 "\e[3;5~": kill-word        # ctrl + delete
 "\C-H": backward-kill-word  # ctrl + backspace
 # "\C-_": backward-kill-word # mintty

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2021年01月09日 23時33分44秒