トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

/etc/fstabに記述されている数字の意味の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/554useusbmem.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/555usbmemuser.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/756fstabnum.html

!確認
認識したかどうかは、dmesgコマンドで確認できる。
/var/log/messagesにもログが記録される。
!第1列
マウントするブロックデバイスやラベルなど

!マウント
SBメモリは、SCSIデバイスとして認識される。従って、マウントは次のように行う。
 # mount -t vfat /dev/sda1 /mnt/usbfm/
使用後はアンマウントすること
!第2列
マウントポイントが記述されている。

/dev/sdb1 として認識されることもある
 # mount /dev/sdb1 /mnt/usbfm/
!第3列
ファイルシステムの種類

!自動マウント
一般ユーザーでもUSBメモリをマウント/アンマウントできるようにするには、/etc/fstabに以下の設定を追加すればいい
 /dev/sda1   /mnt/usbfm  auto    noauto,user 0 0
!第4列
マウント時のオプション

日本語のファイル名が化けて表示される場合は、以下のように設定する。
 /dev/sda1   /mnt/usbfm  auto    noauto,user,iocharset=euc-jp 0 0
 文字コードがEUCの場合(Red Hat Linuxなど)
!第5列
ファイルシステムをdumpする必要があるか否かの指定。
「0」または無記述の場合はdump不要のファイルシステムであると見なされる。

 /dev/sda1   /mnt/usbfm  auto    noauto,user,iocharset=utf8 0 0
 文字コードがUTF-8の場合(Fedora Core 1)
!第6列
システム起動時にfsckチェックを行うか否かの指定。
「0」の場合はチェックを行わない。
ルートファイルシステムでチェックを行う場合は「1」を指定する。
また、ルートファイルシステム以外でチェックを行う場合は「2」を指定する。

使用後はアンマウントすること。
{{category2 OS,Linux}}