トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

ファイルを1つコピーするだけでWindowsXPの再アクティベートを回避する術の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
システムをすっからかんにしてしまうその前にWPA.DBLのファイルをSyste32ディレクトリの中からコピーしメモリースティックなどのサムドライブやその他の外部機器にコピーしておいて下さい。システムをロードし終わったあと、ブートメニューからセーフモードでパソコンを起動し、先ほどコピーしておいたWPA.DBLのファイルをSystem32フォルダにペーストするだけ。これで完了。

{{category2 OS,Windows}}