トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

一般ユーザ権限でマウントの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!参考
http://www.usupi.org/sysad/230.html

!!!SSH
!!sshfsを使う
インストール
 yum install fuse-sshfs

マウント
 sshfs [user@]host:dir mountpoint
 $ sshfs hoge@example.com:/tmp/hogehoge /hogehoge

アンマウント
 $ fusermount -u /hogehoge

!!!samba
色々方法があるけど、どれも一長一短でイマイチ。
root権限でmountする運用を考えたほうがよさそう。

!!fuse-smbを使う
最近のCentOSではリポジトリにないような気がする。

インストール
 yum install fuse-smb

設定ファイル作成
  mkdir ~/.smb
 vim ~/.smb/fusesmb.conf

fusesmb.conf
 [/winserver/share]
   username=ユーザ名
   password=パスワード

マウント
 fusesmb mnt

アンマウント
  fusermount -u mnt

!!gvfsを使う
SSH経由の場合は
 dbus-launch bash
で新しくbashを実行後にマウントを行う。
ただし、アンマウントはこのbash以外ではできないので注意。
アンマウントせずに、このbashを終了してしまうと、再起動以外ではアンマウントできなくなる。

マウント
 gvfs-mount smb://server/share mnt

アンマウント
 gvfs-mount -u  mnt




{{category2 OS,Linux}}