トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

環境変数のタイミングをずらすの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
 %1:b
 %2:c
とした場合に
 call set a=%%a:%1=%2%%
を実行すると
 set a=%a:b=c%
を実行すると同じことになる。

!For文で環境変数を設定
  for /f "delims== tokens=1*" %%i IN ('コマンド') do (
     call set %%i=%%j
   )

{{category2 OS,Windows,コマンドプロンプト}}