トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

古いWindows7のルート証明書更新の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!参考
https://stackoverflow.com/questions/31205438/docker-on-windows-boot2docker-certificate-signed-by-unknown-authority-error/36454369#36454369
https://www.ntt.com/business/lp/sase.html
https://www.oresamalabo.net/entry/2020/05/02/122836
https://www.ntt.com/bizon/glossary/e-s/sase.html
https://ambiesoft.com/blog/archives/5890

!!!問題
zscalerやcatoのようなSASE(Secure Access Service Edge)環境でdockerを利用するとコンテナから通信する場合に、SSL証明書が不正となる問題が発生することがある。
この場合、CA証明書をコンテナにもインポートする必要がある。
!!!エクスポート
+Microsoft管理コンソールを起動
++mmc
+[ファイル] -> [スナップインの追加] -> [証明書] を選択
+[コンピュータアカウント]で追加
+証明書(ローカルコンピュータ) -> 信頼されたルート証明機関 -> 証明書
+表示された証明書をすべて選択して「すべてのタスク」 -> 「エクスポート」を選択

!!!解決策
[[ブラウザのルートCA証明書をLinuxへインストールする]]を参考にCA証明書をコンテナにインポートする
!!!インポート
+Microsoft管理コンソールを起動
++mmc
+[ファイル] -> [スナップインの追加] -> [証明書] を選択
+[コンピュータアカウント]で追加
+証明書(ローカルコンピュータ) -> 信頼されたルート証明機関 -> 証明書 を右クリックしてインポート選択


{{category2 ネットワーク}}
{{category2 OS,Linux}}