トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

自作キーボード2 Runner3680

参考

https://github.com/omkbd/Runner3680/blob/master/Doc/build.md
https://yushakobo.jp/
https://okayu-moka.hatenablog.com/entry/2019/09/08/170000
https://skyhigh-works.hatenablog.com/entry/2019/01/21/220043
https://jikilab.com/moge-of-promicro/

Runner3680

 概要

4x6 〜 5x8の間で組立時にレイアウトを変更できる格子配列の左右分離型キーボード。
また、左右で列数や行数が違っても問題ないため、左手は7列、右手は8列にすることもできる。
必要なものは遊舎工房のHPから注文できる。

 注文

注文したもの URL 備考
Runner3680の一式 https://yushakobo.jp/shop/runner3680/ この一式以外にアクリルプレート、キースイッチ、キーキャップが別に必要
アクリルプレート https://yushakobo.jp/shop/runner3680-acrylic-plate/ 自分が作りたい行数、列数のサイズのプレートを注文する。左右それぞれ必要。
TRRSケーブル https://yushakobo.jp/shop/trrs_cable/ 左右の基盤を接続するために必要
スイッチ https://ja.aliexpress.com/item/32815810102.html?spm=a2g0s.9042311.0.0.a56b4c4d5Q7hqq 静音茶軸を80個ほど購入。
キーキャップ https://ja.aliexpress.com/item/32848949838.html?spm=a2g0s.9042311.0.0.a56b4c4d5Q7hqq all 1u を注文。tabやenterが無いこと以外は特に問題なし。
ミドルプレート https://yushakobo.jp/shop/runner3680-mid-plate/ アクリルプレートの間に入れるもの。無くても問題ない。ホコリが入ったりするのを防いだり、見栄えを良くしたりするもの。

 組み立て

基本的に https://github.com/omkbd/Runner3680/blob/master/Doc/build.md に書いてある通り。
ミドルプレートを使わない場合、アクリルプレートにゴム足を付けるときに力を入れすぎると、アクリルプレートが割れるので注意。
また、USBのコネクタはエポキシ接着剤で補強しておくと良い。
さらにUSBケーブルはマグネット式にすると使いやすい。

wiki.cgi?action=ATTACH&page=%BC%AB%BA%EE%A5%AD%A1%BC%A5%DC%A1%BC%A5%C92+Runner3680&file=P1240529%2EJPG wiki.cgi?action=ATTACH&page=%BC%AB%BA%EE%A5%AD%A1%BC%A5%DC%A1%BC%A5%C92+Runner3680&file=IMG%5F20200122%5F202630%2Ejpg

 プログラム

qmk firmwareでファームウェアの書き換えが可能。
https://github.com/qmk/qmk_firmware

コンパイル、ファームウェアインストールの流れ(dockerを使う場合)

gitからクローン

git clone https://github.com/qmk/qmk_firmware.git

qmk_firmware/keyboards/runner3680

に幾つかサンプル的なプログラムがある。
例えば、5x8の場合は、

qmk_firmware/keyboards/runner3680/5x8/keymaps/default

が標準のキー配置。

  1. qmk_firmware/keyboards/runner3680/rules.mk の DEFAULT_FOLDER の値を変更して自分のレイアウトに合わせる
    1. 左右でレイアウトが異なる場合は、大きい方に合わせる。
  2. レイアウトのディレクトリにあるconfig.hを確認、修正する
    1. 例えば、5x8の場合は、qmk_firmware/keyboards/runner3680/5x8/keymaps/default/config.h
      1. 左側にUSBケーブルを繋ぐ場合は #define MASTER_LEFT を定義する
      2. 右側に繋ぐ場合は、#define MASTER_RIGHT を定義する
    2. firmwareを焼くときは、同じものを左右に焼いて良い。ケーブルが刺さっていない方が逆のものだと判断できるので、左右それぞれに MASTER_LEFT、MASTER_RIGHTを定義したものを焼く必要はない
  3. ./util/docker_build.sh runner3680:default:avrdude
  4. キーボード側をリセットする(リセットスイッチを押す)
  5. 左右に書き込む。
  6. 以後、修正等はMASTER_LEFT(または、MASTER_RIGHT)で定義した方にだけ書き込むだけで良い。
  7. 左右でレイアウトが違う場合は、大きい方に合わせて、実際にキーがない場所は ___ とする。


 無線化

ModemManagerの停止

Linuxでnrfutilを使う場合、ModemManagerが動作していると

can't open device "/dev/ttyACM0": Device or resource busy

が出て失敗する。また、docker使う場合もModemManagerが動作していると

serial.serialutil.SerialException device reports readiness to read but returned no data

とエラーが出る。

sudo systemctl stop ModemManager

でModemManagerを停止する。

 sudo systemctl disable ModemManager

でModelManagerを無効化しておくか、削除してしまっても良い。

/dev/ttyACM0: Permission denied が出る

ttyACM0にパーミッションがなくて書き込みできないことがある。
ユーザをdialoutグループに追加する必要がある。

sudo usermod -a -G dialout <username>
sudo chmod a+rw /dev/ttyACM0

Dockerfile_ble

 FROM qmkfm/base_container
 
 VOLUME /qmk_firmware
 WORKDIR /qmk_firmware
 
 ENV LC_ALL=C.UTF-8
 ENV export LANG=C.UTF-8
 RUN git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
 ENV PYENV_ROOT=/root/.pyenv
 ENV PATH=/root/.pyenv/bin:${PATH}
 ENV PATH=/root/.pyenv/shims:${PATH}
 RUN echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
 
 RUN apt remove -y python3.5
 RUN apt update && apt install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev xz-utils
 RUN . ~/.bashrc && pyenv install 3.7.7
 RUN . ~/.bashrc && pyenv global 3.7.7
 RUN . ~/.bashrc && pip3 install nrfutil

docker build

docker build  ./ -t ble -f Dockerfile_ble

make

docker run --rm -it --privileged -v /dev:/dev -w /qmk_firmware -v ${PWD}:/qmk_firmware -e ALT_GET_KEYBOARDS=true -e SKIP_GIT= -e MAKEFLAGS= ble make ble_micro_pro:default:nrfutil



[カテゴリ: ハードウェア]

お名前: コメント:



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2020年03月30日 23時47分18秒