トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

CentOSでDNLAサーバを構築するの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!ReadyMedia(旧MiniDLNA)でDLNAサーバ構築
!!概要
必要最低限の機能を持っているDLNAサーバ。
CentOS7以降であれば、nux-dextopからyumでインストールできる。

!!手順
!nux-dextopリポジトリ導入
EPELも必要になるので導入しておく。
 rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-5.el7.nux.noarch.rpm 

!設定ファイル編集
 vi /etc/minidlna.conf

 #DLNAを使用するインターフェイスを指定。
 #指定しない場合は全てのインターフェイスで利用可能になる。
 network_interface=eth0, eith1
 
 # media_dirは並べるだけで複数指定可能。
 media_dir=/mnt/data/Music
 media_dir=/mnt/data/Movie
  
 #DLNAに表示されるサーバ名
 friendly_name=My DLNA Server
 
 #メディアの情報を格納しておくディレクトリ
 #コメントアウトのままなら /var/cache/minidlna に作成される
 #db_dir=/var/cache/minidlna
 
 #メディアの情報を更新する間隔(秒) 
 #notify_interval=900
 notify_interval=21600

!!ファイヤーウォール
以下の通信を許可する必要がある。
,プロトコル,ポート
,udp,1900
,tcp,8200

!!権限
設定ファイルの
 user
を変更しない場合は、サービスはminidlnaユーザで実行される。
対象のパスにminidlnaユーザの読取り権限が必要。



!!!MediaTombでDLNAサーバ構築
http://jlinuxer.dip.jp/?p=932
http://centossrv.com/mediatomb.shtml

!!インストール
[[RPMforge]]を参考にrpmforgeを設定する
 yum --enablerepo=rpmforge install mediatomb

!!設定
!利用するネットワーク・インターフェースを設定する
 sudo vim /etc/sysconfig/mediatomb 

 MT_INTERFACE="eth0"
のように利用するインターフェイスを指定する

!文字コードの設定
 sudo vim /etc/mediatomb/config.xml

  <import hidden-files="no">
    <filesystem-charset>UTF-8</filesystem-charset> #追記          
    <metadata-charset>CP932</metadata-charset>     #追記
    <scripting script-charset="UTF-8">

!管理画面のセキュリティ
/etc/mediatomb/config.xml
 <accounts enable="yes" show-tooltips="yes">
 <account user="mediatomb" password="パスワード"/>
enable="no"にするとログインが不要となる

!ファイル形式の設定
  <mappings>
    <extension-mimetype ignore-unknown="no">
      <map from="mp3" to="audio/mpeg"/>
      <map from="ogg" to="application/ogg"/>
      <map from="asf" to="video/x-ms-asf"/>
      <map from="asx" to="video/x-ms-asf"/>
      <map from="wma" to="audio/x-ms-wma"/>
      <map from="wax" to="audio/x-ms-wax"/>
      <map from="wmv" to="video/x-ms-wmv"/>
      <map from="wvx" to="video/x-ms-wvx"/>
      <map from="wm" to="video/x-ms-wm"/>
      <map from="wmx" to="video/x-ms-wmx"/>
      <map from="m3u" to="audio/x-mpegurl"/>
      <map from="pls" to="audio/x-scpls"/>
      <map from="flv" to="video/x-flv"/>
      <map from="mkv" to="video/x-matroska"/>
      <map from="mka" to="audio/x-matroska"/>
      <map from="avi" to="video/avi"/>  #追加
      <map from="mpg" to="video/mpeg" /> #追加                                                                                                                                                                                          
      <map from="MPG" to="video/mpeg" />  #追加
      <map from="mpeg" to="video/mpeg" />  #追加
      <map from="ts"  to="video/vnd.dlna.mpeg-tts" />  #追加
      <map from="jpg" to="image/jpeg"/>   #追加
      <map from="jpeg" to="image/jpeg"/>  #追加
      <map from="gif" to="image/gif"/>  #追加
      <map from="png" to="image/png"/>  #追加
      <map from="m4v" to="video/mp4"/>  #追加
      <map from="mp4" to="video/mp4"/>  #追加
    </extension-mimetype>
    <mimetype-upnpclass>
      <map from="audio/*" to="object.item.audioItem.musicTrack"/>
      <map from="video/*" to="object.item.videoItem"/>
      <map from="image/*" to="object.item.imageItem"/>
      <map from="application/ogg" to="object.item.audioItem.musicTrack"/>
    </mimetype-upnpclass>
    <mimetype-contenttype>
      <treat mimetype="audio/mpeg" as="mp3"/>
      <treat mimetype="application/ogg" as="ogg"/>
      <treat mimetype="audio/x-flac" as="flac"/>
      <treat mimetype="image/jpeg" as="jpg"/>
      <treat mimetype="audio/x-mpegurl" as="playlist"/>
      <treat mimetype="audio/x-scpls" as="playlist"/>
      <treat mimetype="audio/x-wav" as="pcm"/>
      <treat mimetype="audio/L16" as="pcm"/>
      <treat mimetype="video/x-msvideo" as="avi"/>
      <treat mimetype="video/mp4" as="mp4"/>
      <treat mimetype="audio/mp4" as="mp4"/>
      <treat mimetype="application/x-iso9660" as="dvd"/>
      <treat mimetype="application/x-iso9660-image" as="dvd"/>
      <treat mimetype="video/x-matroska" as="mkv"/>
      <treat mimetype="audio/x-matroska" as="mka"/>
    </mimetype-contenttype>
  </mappings>

!!ポートの開放
指定したインターフェイスで
 ,,
 ,udp,1900
 ,tcp,50500
を許可する。

!!メディアファイルの登録
ブラウザで、
 http://サーバ:50500
にアクセス。

{{category2 OS,Linux}}