トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

ClamAVの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!参考
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20170913/clamav_scan_virus_install.html
https://www.yokoweb.net/2017/04/15/ubuntu-server-clamav/

!!!概要
OSSのアンチウィルスソフト。

!!!インストール
!!Centos
 yum install clamav clamav-data
もし常時スキャンしたい場合はデーモンも入れる
 yum install clamd

!!Ubuntu
 apt install clamav
もし常時スキャンしたい場合はデーモンも入れる
 apt install clamav-daemon

!!!設定ファイル
,パス, 意味
,/etc/clamav/freshclam.conf, Ubuntuのfreshclamの設定ファイル。
,/etc/freshclam.conf, Centosのfreshclamの設定ファイル。

!!!ウイルス定義の自動更新
CentOSの場合は
 /etc/cron.d/clamav-update
により、自動で更新される。
Ubuntuの場合は、
 clamav-freshclam.service
のサービスが上がる。

!!!手動スキャン
!!ログファイル出力先作成
 mkdir -p /var/log/clamav
 mkdir -p /var/log/clamav/virus

!!ログローテート
vim /etc/logrotate.d/clamav-full-scan
 /var/log/clamav/clamscan.log
 {
         monthly
         notifempty
 }

!!スキャンシェル
/usr/local/bin/clam-full.sh
vim /usr/local/bin/clam-full.sh
  #!/bin/sh
  
  log=/var/log/clamav/clamscan.log 
  echo ========================================= | tee -a ${log}
  date | tee -a ${log}
  hostname | tee -a ${log}
  freshclam
  clamscan / \
       --infected \
       --recursive \
       --log=${log} \
       --move=/var/log/clamav/virus \
       --exclude-dir=^/boot \
       --exclude-dir=^/sys \
       --exclude-dir=^/proc \
       --exclude-dir=^/dev \
       --exclude-dir=^/var/log/clamav/virus
  
  # --infected 感染を検出したファイルのみを結果に出力
  # --recursive 指定ディレクトリ以下を再帰的に検査 圧縮ファイルは解凍して検査
  # --log=FILE ログファイル
  # --move=DIR 感染を検出したファイルの隔離先
  # --remove 感染を検出したファイルを削除
  # --exclude=FILE   検査除外ファイル(パターンで指定)
  # --exclude-dir=DIR 検査除外ディレクトリ(パターンで指定)
  
  if [ $? = 0 ]; then
    echo "ウイルス未検出." | tee -a ${log}
  else
    echo "ウイルス検出!!" | tee -a ${log}
  fi

!!cron.daily
vim /etc/cron.daily/clam-full-daily.sh

 #!/bin/sh
 
 /usr/local/bin/clam-full.sh


{{category2 OS,Linux}}