トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Grubの設定の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
 /etc/grub.conf
で Grub の設定ができる。

 default=0 ←titleで定義されている最初のOSがデフォルト
 timeout=10 ←10秒間OS選択画面で停止
 splashimage=(hd0,1)/grub/splash.xpm.gz ←GRUBの背景画像
 title Red Hat Linux (2.4.18-3) ←メニューに表示するOS名
         root (hd0,1) ←GRUBが存在するパーティション(1台目のHDDの2番目のパーティション)
         kernel /vmlinuz-2.4.18-3 ro root=/dev/hda3 hdc=ide-scsi ←起動するカーネルと引数を指定
         initrd /initrd-2.4.18-3.img ←SCSIデバイス用の設定
 
 title= Windows XP ←メニューの2番目に表示するOS名
         root= (hd0,0)
         makeactive ←ルートパーティションをアクティブにする
         chainloader= +1 ←最初の1セクタを読み込んで実行する


{{category Linux}}
{{category2 OS,Linux}}