トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Linux コマンド備忘録の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!ファイルシステムを確認する
 parted -l
でファイルシステム等を含むパーティッション情報を確認できる

!!!マウント
!!強制アンマウント
 umount -f /mnt/hogehoge
-f でだめなら
 umount -l /mnt/hogehoge

!!!フォーマット
!!ext3
 mke2fs -j /dev/sdb1
または
 mkfs.ext3 /dev/sdb1
mkfs.ext3は mke2fs -j  を呼び出すのと同じ。

!!ext4
 mkfs.ext4 /dev/sdb1
-j は付けなくてもジャーナル作成すると思おうけど不安なら
 mkfs.ext4 -j /dev/sdb1

!!!サービス関連
!!サービスの一覧を表示する
 chkconfig --list

!!サービスの再起動
 /etc/init.d/サービス名 restart
例
 /etc/init.d/network restart

!!!デバイスの一覧を表示する
lsdevコマンドでインストールされているデバイスを一覧表示できる。
 [root@gw2000 ~]# lsdev
 Device	DMA	IRQ	I/O Ports
 ------------------------------------------------
 3c509			11	0300-030f
 cascade	4	 2
 dma				0080-009f
 dma1				0000-001f
 dma2				00c0-00df
 floppy			03f0-03f5 03f7-03f7
 IDE				e800-e807 e808-e80f
 ide0			14	01f0-01f7 03f6-03f6
 keyboard		 1	0060-006f
 math 13
 npu				00f0-00ff
 pas16				10
 pic1				0020-003f
 pic2				00a0-00bf
 rtc			 8	0070-007f
 serial		 4	02f8-02ff 03f8-03ff
 timer			 0	0040-005f
 vga+				03c0-03df

lsdevコマンドがない場合は,下記からデバイスの情報を知ることもできる。
,パス,デバイスの種類
,/proc/interrupts,割り込みの一覧
,/proc/ioports,I/Oポートの一覧
,/proc/dma,DMAの一覧

{{category2 OS,Linux}}