トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Mac でUSB起動のLinuxを使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!ブートさせ方
!!rEFI を使う方法
http://jjjjjjjjllllllll.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/macbook-proubun.html
http://gyazz.com/%E5%A2%97%E4%BA%95/Mac%E3%81%A7USB%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A7Ubuntu%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86%E6%96%B9%E6%B3%95
!パーティッション作成
,,
,名前,rEFIt(なんでも良い)
,フォーマット,Mac OS 拡張
,サイズ100MB程度

!rEFItのインストール
http://refit.sourceforge.net/
からダウンロード

解凍してできた「efi」フォルダを
 /Volumes/rEFIt/
へコピーして、enable.sh を実行する。

 # cd /Volumes/rEFIt/efi/refit
 # ./enable.sh
 
基本的にこれだけで、うまくいくようだが自分の環境ではうまく行かなかった。


!!Plop Boot Manager を使う方法
Boot Camp入れて、Windowsのブートマネージャなり、grubでPlop Boot Managerを使う。
こっちのほうが楽で確実。

!!!Ubuntu
!!インストール
普通にUSBにインストール。

!!無線LAN
http://plaza.rakuten.co.jp/hotstuff1976/diary/201005160000/

+メニューバーの『システム』→『システム管理』→『ハードウェア・ドライバ』を選択
+BroadcomSTA無線ドライバ をインストール
事前に有線LANを接続しておく必要が有る。

!!!Knoppix
!!インストール
普通にインストール
その他は特に設定は必要なし。

{{category2 OS,Mac}}
{{category2 OS,Linux}}