トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

PHPでのキャッシュ制御の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!キャッシュの制御
http://jp.php.net/manual/ja/function.session-cache-limiter.php
 session_cache_limiter 
でクライアントに送信されるキャッシュ制御のHTTPヘッダを制御します。

,値,意味
,nocache,クライアント(および途中に介在するプロクシ)にキャッシュさせない。
,public,クライアント(および途中に介在するプロクシ)にキャッシュを許す。
,private,クライアントにのみキャッシュを許す。途中に介在するプロクシにはキャッシュを許さない。
,private_no_expire,機能はprivateと同じだが、Mozilla系を混乱させないためExpiresヘッダを送信しない。


!!!ページの有効期限切れ
 session_cache_limiter

 nocache
を指定した状態で、ブラウザで「戻る」などの操作を行うと「ページの有効期限切れ」
が表示される。
これは、ブラウザがキャッシュを持っていないために「戻る」先のページを表示できないためである。
状況により session_cache_limiter を正しく設定したほうが良い。

とりあえず、ページの有効期限切れを解消したい(キャッシュしてもいい)なら
 private
を設定しておけば大丈夫。


{{category2 プログラミング言語,PHP}}