トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

PL/SQL の基本の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!ストアドプロシージャではなく、実行する場合
変数なし
 BEGIN
	-- NULL = NOP ... NO OPERATION 
	NULL;
 END;
 /
変数を使う場合
 DECLARE
	vNum	NUMBER(2);
 BEGIN
	vNum := 1 ;
	DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('数値=' || vNum);
 END;
 /


!ストアドプロシージャ
 CREATE PROCEDURE DISP_NUMBER
 IS
 	vNum	NUMBER(2);
 BEGIN
 	vNum := 1 ;
 	DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('数値=' || vNum);
 END;
 /

!コンパイルと実行
コンパイル
 SET SERVEROUT ON
 @hoge.sql
 SHOW ERRORS PROCEDURE hoge

実行
 VAR IN_hoge   VARCHAR2(8)
 VAR OUT_hoge  VARCHAR2(1)
 
 exec :IN_hoge := 'test'
 
 EXEC hoge(:IN_hoge, :OUT_hoge)
 
 PRINT OUT_HOGE

!デバッグ
 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('a')


!サンプル
例1
 declare
    /* cursor definition */
    cursor c_test is select col1, col2 from test_tbl;
  begin
    for c_test_val in c_test loop
       exit when c_test%notfound;
       DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(c_test_val.col1);
    end loop;
 exception
    when others then
    DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('error')
    DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('error');
  end;
  /


例2
   declare
    /* カーソル型の定義 */
    cursor c_test is select col1, col2 from test_tbl;
    /* カーソル用の変数定義 */
    c_test_val c_test%rowtype;
  begin
    open c_test;
      loop
        fetch c_test into c_test_val;
        exit when c_test%notfound;
      end loop;
    close c_test;
  end;
  /


{{category2 プログラミング言語,PlSql}}
{{category2 プログラミング言語,基本}}