トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Rubyの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!参考
https://qiita.com/oshou/items/6283c2315dc7dd244aef
https://qiita.com/HayneRyo/items/d493a2b3cec2322f167c

!!!Ruby関連ツール
!gem
Ruby用ライブラリの呼び方
!bundler
gemの一つ。gem同士のバージョン、互換性を保ちながらgemの導入、管理を行うツール。
!rbenv
Rubyの複数のバージョンを管理、切替を行うツール

!!!Bundler
!!インストール
 gem install bundler
!!使い方
初期化(Gemfileという雛形が作成される)
 bundle init
Gemfileを編集
Gemfileにリスト化したgemを一括インストール
 bundle install --path vendor/bundle
--pathでインストール先を指定可能。

!!bundleでインストールされたgemパッケージを使用してコマンドを実行する
 bundle exec コマンド
bundle exec を使わない場合は、システム側のgemを指定したことになる。

!!!rbenv
!!インストール
!ユーザごとにインストールする場合
必要なパッケージ導入
 yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel gcc make git
gitから取得
 git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
 git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
環境変数設定
 echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
 echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
 source ~/.bash_profile 

!システムワイドにインストールする場合
必要なパッケージ導入
 yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel gcc make git
gitから取得
 git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git /opt/rbenv
 git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git /opt/rbenv/plugins/ruby-build
グループの設定
 groupadd rbenv
 gpasswd -a root rbenv
 gpasswd -a ユーザ rbenv
権限設定
 chgrp -R rbenv /opt/rbenv
 chmod g+w -R /opt/rbenv
環境変数設定
 echo 'export RBENV_ROOT=/opt/rbenv' >> ~/.bash_profile
 echo 'export PATH="$RBENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
 echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

!!使い方
利用可能なrubyのバージョン確認
 rbenv install -l
指定のバージョンをインストール
 rbenv install 2.4.0
インストールしたrubyのバージョンの一覧
 rbenv versions
利用するバージョンを指定する
 rbenv global 2.4.0
特定のディレクトリにバージョンを指定する
 rbenv local 2.2.2

!!!対話型
!!irb
 irb
を実行すると対話式にrubyを実行できる。
毎回戻り値や代入結果が表示が表示される。もし、表示が邪魔な場合は
 conf.echo = false
で止められる。表示を再開するには
 conf.echo = true

!!pry

irbを便利にしたもの。
エコーが邪魔な場合は
 _pry_.config.print = proc {}
で止められる。
一時的にオフ、オンする場合は
 _pry_.config._print = _pry_.config.print
 _pry_.config.print = proc{}
オンに戻す
 _pry_.config.print = _pry_.config._print

{{category2 プログラミング言語,Ruby}}