トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

TrueImageの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!TrueImage
スケジュールで増分バックアップや差分バックアップができる。
Windows上やCDブートで、ファイルごと、ディレクトリごと、ディスクをまるごとリストアができる。
また、CDブートでバックアップも可能。

!!!サイズが異るディスクにリストアする
基本的にバックアップ元の実サイズより大きいディスク、パーティッションにリストア可能。
実サイズより小さいとリストア不可。

!!手順
サイズを大きくするときも小さくするときも手順は同じ。
ディスク全体をリカバリせずに、パーティッションごとにリカバリ先を設定する。
Windowsのシステムドライブを小さいディスクにリストアする手順を例にする。


リストアするバックアップファイルを選択後、「ディスクまたはパーティション全体をリカバリする」を選択する
{{img Image6.png,"style=width:380px;height300px;"}}
{{img Image6.png}}

リストアするパーティションを選択する。この時、ディスクにチェックを入れるとディスク全体をリカバリする事になってしまうので注意。
全てのパーティションをリカバリする場合でも、ディスクをチェックせずに、各パーティションを選択する。
{{img Image7.png}}

パーティションごとのリストア設定をする。
デフォルトとしてリストア元のパーティション情報を引き継いでくれるの。
Windowsのシステムディスクをリストアする場合、
「システムで予約済」になっている100MB程度のパーティションはサイズ等は変えずにそのままにする。
それ以外のパーティションは実サイズより小さくならなければ、自由に設定可能。
{{img Image10.png}}


{{category2 ツール,ディスク}}
{{category2 OS,Windows}}