トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

VMWare に android4.0 をインストールするの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120314/386382/?ST=android-dev

!!!BuilDroid を使う
!!準備
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120314/386382/?ST=android-dev
!VMWarePlayer をインストール
http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/player/overview

!!Android4.0 のダウンロード
http://www.buildroid.org/blog/?p=86
から
http://www.buildroid.org/Download/android-x86-vm-20120130.iso.gz
をダウンロードして、解凍。

!!仮想マシン作成
新規仮想マシンを作成する。
設定はテキトウでいい。
ネットワークはNATでも大丈夫。
ブリッジでもいいけど、静的IPは使えないらしいので、
DHCP環境じゃない場合はNATが無難。

!!Android4.0 インストール
+仮想マシンのCDドライブに Android4.0のisoを設定してCDブート
+Install android x86 to harddisk を選択
+パーティッションの設定画面が出るので新しいパーティッションを作成
+作成したパーティッションを Bootable にする
+作成したパーティッションをインストール先として選択する
+パーティッションを ext3 でフォーマットする
+GRUBのインストールの確認が出るので、インストールする
+「/systemディレクトリを読み書き可能(read-write)な状態にしてインストールするかどうか」が問われる。どっちでもいい。
+インストール完了後に、「Create a fake SD card」 を選択して「フェイク用のSDカード」を作成する

!!ネットワークの設定
 [設定] -> [Ethernet configuration] -> [Ethernet configuration]
を開いて
 [Ethernet Devices]
を
 [sit0] から [eth0] へ変更する。

[Connection Type] は DHCP しか使えない(Static IP は機能しない)らしい。 
 [タブレット情報] の [端末の状態] で IP を確認できる。
 -> [eth0]

!!!Android-x86 を使う
!!準備
http://www.android-x86.org/download
から
 android-x86-XXXXX-eeepc.iso
をダウンロードする

 -> [eth0]
!!インストール
基本的には上記(BuilDroid を使う)と同じ。

!!ネットワークの設定
Android仮想マシンのインターネット接続方法ですが、プリインストールされている「スーパーユーザ」アプリにて、「端末エミュレータ」のスーパーユーザ権限を許可したのち、「端末エミュレータ」アプリを起動し、
 $ su
(スーパーユーザアプリで許可を与えておかないと、suは拒否されてしまいます。)
 # netcfg eth0 dhcp
 # setprop net.dns1 [DNSアドレス]
とすると、DHCPでIPアドレスを自動取得し、VMwareの仮想ネットワークアダプタ経由でホストマシンのインターネット接続を共有してインターネットにアクセスすることができるようになります。
(なぜか、DNSは自動で設定してくれない。)


{{category2 プログラミング言語,Java,Android}}