トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

WindowsでXサーバを立てるの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!Xmingを使う
http://d.hatena.ne.jp/metalglue/20080319/1241544847
フォントが小さいときは
[Additional parameters for Xming] にて [-dpi 100] を設定する

!scim で日本語入力
{{goto im,Xの画面を他のXサーバーに表示する}}を参照



!!!VcXsrv Windows X Server を使う
http://sourceforge.net/projects/vcxsrv/
Xmingと使い方はほとんど同じ。
Xmingより完成度は良いような気がする。

ディスプレイ番号を localhost:0.0 以外にするときは
 disable access control
をチェックする。

!!起動時にSSHしてアプリを起動する
+ Start a Program を選択
+ Start proggram on remote computer
++ Remote program
++ Password
++ Connect to Computer
+++ ポートを指定する場合は 192.168.0.1 -P 8022 のように -P オプションを付ける
++ Login as user
++ Private Key

!!GPUを使う
 Native opengl
を有効にして以下の環境変数を設定する
 LIBGL_ALWAYS_INDIRECT=1
!Illegal instruction が発生する
GPUを有効にした状態で一部のアプリを実行した際に
 Illegal instruction
が発生して画面が表示できない場合は、GPUを無効にする。
以下の環境変数を設定する
!!Illegal instruction が発生する
一部の環境で特定のアプリを実行した際にIllegal instructionが発生することがある。
!対策1
GPUを明示的に利用するように以下の環境変数を指定する
 LIBGL_ALWAYS_INDIRECT=1
!対策2
GPUを無効にするために以下の環境変数を設定する
 LIBGL_ALWAYS_SOFTWARE=1

!!!MobaXterm を使う
http://mobaxterm.mobatek.net/
termとXサーバとかファイルマネージャが一緒になったもの。
ポータブル版がオススメ。



!!!Cygwin を使う
setup.exe で X関係をインストールする。
日本語化とか日本語入力とか、まだまだ面倒なのであまりオススメしない。

!!!Portable Ubuntu を使う
Xming & ローカルにUbuntu を起動する。
何かと使いやすいので便利。重いので注意。


{{category2 OS,Windows}}