トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Windows Defenderの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
Windows XP でファイルの種類に関係なくすべてのファイルを検索するには、Windows XP の最新の Service Pack を入手し、[未登録の拡張子のファイルにインデックスを付ける] チェック ボックスをオンにします。
!!!手動で定義ファイルを更新する
https://news.mynavi.jp/article/win10tips-410/
 “%ProgramFiles%\Windows Defender\MpCmdRun.exe” -SignatureUpdate

この方法を使用すると、Windows XP では、すべての種類のファイルで、指定したテキストが検索されます。これは、検索機能のパフォーマンスに影響を与えることがあります。この方法を使用するには、以下の手順を実行します。
{{div_begin class="pre"}}
1.	[スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします (または [検索] をポイントして [ファイルやフォルダ] をクリックします)。
2.	[設定を変更する] をクリックし、[インデックス サービスを使う (ローカル検索を速くする)] をクリックします。
3.	[インデックス サービスの設定を変更する (詳細)] をクリックします。インデックス サービスを有効にする必要はありません。
4.	ツール バーで、[コンソール ツリーの表示/非表示] ボタンをクリックします。
5.	左側のウインドウで、[インデックス サービス - ローカル コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
6.	[生成] タブで、[未登録の拡張子のファイルにインデックスを付ける] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
7.	インデックス サービス コンソールを閉じます。
{{div_end}}
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
ネットワーク管理者は、レジストリを変更することによって、この設定を構成することができます。これを行うには、次のレジストリ キーにある DWORD 値 {{span class="ep2", FilterFilesWithUnknownExtensions}} を {{span class="ep", 1}} に設定します。
{{div_begin class="pre"}}
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\ContentIndex 
{{div_end}}
!!!手動でスキャンを実行する
 "C:\Program Files\Windows Defender\MpCmdRun.exe" -Scan -ScanType 3 -File <path>

検索関連
*[[XPで検索コンパニオンを無効にする]]
*[[XPで圧縮フォルダを使わないようにする]]
{{category2 OS,Windows}}